メディア

「ラーメン二郎」で一番好きなお店はどこ?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 パンチの効いた豚骨ベースのスープに、ゴワゴワの太麺、厚切りの豚(チャーシュー)、そして山盛りの野菜とニンニクが特徴の「ラーメン二郎」。首都圏を中心にのれん分けの店舗が数多くあり、「二郎系」や「二郎インスパイア」と呼ばれる店も全国に誕生しています。

 店舗ごとに大きく個性が異なるのも、二郎の際立った特徴。そこで今回は「ラーメン二郎で一番好きなお店はどこ?」というテーマで人気投票を実施します。まずは人気の3店舗をピックアップして見てみましょう。

advertisement

三田本店

 ラーメン二郎は、もともと1968年に「ラーメン次郎」という名前で東急東横線都立大学駅近くに出店していました。しかし、河川改修工事により、1970年代に慶應義塾大学三田キャンパスの近くに移転したのが、三田本店のはじまりです。このとき、看板に誤って「二郎」と書いてしまい、そのまま今日に至っているというエピソードもあります。

 安くお腹いっぱい食べられるラーメン店として、学生はもちろん周辺のサラリーマンにも愛される行列店。現在も創業者の山田さんが厨房に立っています。

advertisement

桜台駅前店

 練馬区の西武鉄道桜台駅近くにある桜台駅前店。三田本店で修行を積んだお弟子さんが開いた、いわゆる直系店です。醤油やとんこつの味が強すぎないマイルドなスープが特徴です。

 野菜はどちらかといえばシャキシャキとしており、クタクタな食感が苦手な人にもおすすめ。豚は厚切りで大ぶりなもの2枚が標準で、よく煮込まれて柔らかさに定評があります。麺のボリュームも比較的多めとされ、生粋のジロリアンからの支持も厚い人気店です。

advertisement

横浜関内店

 横浜関内店は、横浜市営地下鉄の伊勢佐木長者町駅近くにあります。繁華街という好立地から、学生やサラリーマンをはじめ、いつも長い行列ができています。スタッフの立ち回りに定評があり、特に汁なし(スープのないラーメン)が人気です。

 スープは背脂が多めで、ガツンとくる味わい。野菜はほどよい茹で加減で、シャキシャキとクタクタの中間くらいとなっています。具の中でも、ホロホロとほどける柔らかいチャーシューが評判です。

advertisement

「ラーメン二郎」で一番好きなお店はどこ?

 このほかにも多くの人気店があり、店ごとに強烈な個性を放っているラーメン二郎。今回の投票選択肢ではインスパイア系を含めず、「二郎」の名を冠したお店だけをそろえました。あなたの最もお気に入りの一店を教えてください!

参考

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.