メディア

【プロ野球】最もすごいと思う「平成以降の首位打者」ランキングTOP27! 1位は「イチロー」!【2022年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 ねとらぼ調査隊では2022年3月1日から3月8日の間「最も凄いと思う平成以降(1989〜2021年)のNPB首位打者は?」というアンケートを実施しました。

 1989年から昨シーズンの2021年までの「平成以降の首位打者」に絞った今回のアンケートには、414票の投票が集まりました。ご投票いただきありがとうございました! 

 プロ野球のレギュラーシーズンにおいて、規定打席に到達した打者のうち最も打率の高い選手に贈られるタイトル「首位打者」。受賞した選手たちは、どれも野球界に刻まれる名選手ばかりですよね。その中で一番「すごい!」と支持された選手は誰だったのか、ランキングを見ていきましょう!

advertisement

第2位:柳田悠岐

 第2位は「柳田悠岐」選手でした。2010年にドラフト2位指名を受け、福岡ソフトバンクホークスに入団。2022年からはキャプテンとしてチームを引っ張る現役の外野手です。大学時代にも首位打者の経験がある柳田選手は、プロでもその才能を発揮。2015年には自身が目標に掲げた「打率3割・30本塁打・30盗塁」以上の「トリプルスリー」を首位打者と同時に達成しました。

 また、2015年から2018年にかけては、出塁率と長打率の両部門でリーグ1位を記録。2018年にも、打率.352で首位打者を獲得しています。今シーズンは打撃もさることながら、キャプテンとしての活躍ぶりにも注目ですね。

advertisement

第1位:イチロー

出典「Amazon.co.jp
イチロー実録 2001-2019 (文春e-book)"

イチロー実録 2001-2019 (文春e-book)

小西 慶三
1,400円(08/19 21:12時点)
発売日: 2021/10/12
Amazonの情報を掲載しています

 そして第1位は「イチロー」さんでした! 1992年から2000年までオリックス・ブルーウェーブに所属したのち、2001年からMLBのシアトル・マリナーズなどに所属し、2019年に引退するまで数々の記録を打ち立ててきました。日本プロ野球での首位打者は、1994年から2000年まで、7年連続で史上最多タイの最長記録。他にも盗塁王などの数々のタイトルを獲得しています。

 また、メジャーリーグでも首位打者を2回獲得し、日米通算4367安打という大記録を残しました。まさにレジェンドとして野球界にその名を刻んだイチローさん。引退後は草野球チームを設立し野球を楽しむほか、学生野球指導も積極的に行い、未来の野球選手たちにその野球哲学などを指導しています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「スポーツ」のアクセスランキング