メディア

【投票結果】最も人気な「ufotable」のアニメが決定! 上位は「TYPE-MOON」作品が独占

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 2020年10月16日より公開された「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」が超絶大ヒットしていますね。アニメ制作会社はufotable。なんと公開から10日間で興行収入が100億円を突破(日本の映画史上最速)しました(関連記事)。

 ufotableといえば、作画はもちろん、映像効果などクオリティの高い作品をつくると評判で、「鬼滅の刃」の他にも「Fate」シリーズなどの人気作をアニメ化してきました。

 ねとらぼ調査隊では9月15日から10月14日までの1カ月間、「あなたが一番好きな『ufotable』の作品は?」というアンケートを実施しました。映画の公開前とはいえ、「鬼滅の刃」が社会現象となっている中で行われた今回のアンケート、ねとらぼ読者から人気を集めているのはどの作品なのでしょうか?

画像は劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」公式サイトより引用
advertisement

第3位:Fate/stay night[Unlimited Blade Works]

 第3位は「Fate/stay night[Unlimited Blade Works]」でした。得票率は14.5%で、票数は218票でした。

 こちらは2014年に放送されたテレビアニメ。PCゲームが原作で「[Unlimited Blade Works]」は原作の第2章に当たる作品です。「Fate/stay night」の遠坂凛のルートであり、主人公・衛宮士郎についても掘り下げられるストーリーとなっています。ちなみに、「劇場版 Fate/stay night Unlimited Blade Works」という劇場作品もありますが、こちらはufotableではなく、スタジオディーンによる作品です。

画像は「Fate/stay night[Unlimited Blade Works]」公式サイトより引用
advertisement

第2位:「空の境界」シリーズ

 第2位となったのは「空の境界」シリーズでした。得票率は19.4%、票数は293票でした。 原作は奈須きのこさんによる同名の小説で、奈須きのこさんは「Fate/stay night」の原作者でもあります。

 ufotableによる初めての劇場アニメがこの「空の境界」シリーズであり、2007年に放映された「空の境界 第一章 俯瞰風景」から「終章 空の境界」や「空の境界 未来福音」までの全9作品がアニメ化されました。

 第1章から第4章までは時間軸がバラバラで、主人公・両儀式が持つ「直死の魔眼」など、式については謎が多いままストーリーが進んでいきます。式の戦闘シーンがとにかくかっこいいです。あとハーゲンダッツ食べたくなる。

画像は劇場版「空の境界」公式サイトより引用
advertisement

第1位:Fate/stay night[Heaven’s Feel]

 第1位は「Fate/stay night[Heaven’s Feel]」でした。得票率は24.6%で、票数は370票でした。こちらは、原作「Fate/stay night」の最終章にあたる作品で、2017年から劇場3部作として公開が始まり、2020年8月に完結編である「劇場版 Fate/stay night[Heaven’s Feel]III. spring song」が公開されました。

 投票実施期間中のufotableのアニメ作品としては最新作。2004年に発売された「Fate/stay night」が現在までその人気が衰えることを知らないのは「[Heaven’s Feel]」のシナリオにあると思います。

 Fateシリーズには多くの派生作品がありますが、原作の最終章である桜ルートは、Fateファンにとって思い入れのあるもの。2006年に放送されたスタジオディーン版の「Fate/stay night」から10年以上が経ち、やっと映像化された「[Heaven’s Feel]」が好きだという人が最も多かったのも納得です。

画像は劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」公式サイトより引用

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「アニメ」のアクセスランキング