メディア

「今もっとも活躍していると思うバンド」ランキングTOP25! 「King Gnu」を上回る1位は?【2022年最新調査結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」協力のもと「今もっとも活躍していると思うバンド」に関するアンケートを実施しました。新旧さまざまなバンドが活動している日本の音楽業界で、多くの人から支持を集めたのはどのバンドだったのでしょうか? さっそく上位の結果を見ていきましょう。

advertisement

第2位:King Gnu

出典「Amazon.co.jp
【Amazon.co.jp限定】カメレオン (初回生産限定盤) (メガジャケ付)"

【Amazon.co.jp限定】カメレオン (初回生産限定盤) (メガジャケ付)

King Gnu
3,980円(07/06 01:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第2位は「King Gnu」です。東京藝術大学出身のクリエイター・常田大希さんを中心に結成された4人組のミクスチャーバンド。2013年に「Srv.Vinci」の名前で活動を開始し、2015年に現在のメンバーに。2017年4月からバンド名を「King Gnu」に改めました。アニメ「BANANA FISH」エンディングテーマに起用された「Prayer X」、ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」の主題歌として書き下ろされた「白日」など、数々の名曲を生み出しています。2022年5月31日からは「King Gnu Live Tour 2022 CLUB GNU EDITION」として、ファンクラブ限定ライブツアーをスタートします。

advertisement

第1位:Official髭男dism

出典「Amazon.co.jp
エスカパレード 通常盤"

エスカパレード 通常盤

Official髭男dism
2,113円(07/06 01:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第1位は「Official髭男dism」です。2012年に結成した4人組のバンドで、「ヒゲダン」の愛称で親しまれています。2作目のシングル「Pretender」は、映画「コンフィデンスマンJP -ロマンス編-」主題歌に起用され、累計ストリーミング再生5億回(2022年2月)を突破する大ヒット曲となりました。ブラックミュージックを基調とした独自のサウンドで人気を集めています。2022年4月15日にテレビアニメ「SPY×FAMILY」の主題歌となるデジタルシングル「ミックスナッツ」をリリース予定。2022年の活躍が期待されるバンドとなっています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.