メディア

「鳥取県」で人口密度の高い街ランキングTOP19! 第1位は「境港市」【2020年版】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 中国地方の北東部に位置し、日本海に面した「鳥取県」。鳥取砂丘や二十世紀梨、『ゲゲゲの鬼太郎』でおなじみの漫画家・水木しげるさんの出身地としても有名です。

 そこで今回は、国土地理院が公表したデータをもとに「鳥取県で人口密度の高い街ランキング」を紹介します。県全体の人口密度は1平方キロメートルあたり157.8人となっていますが、鳥取県で最も人口密度の高い自治体はどこなのでしょうか。それでは結果を見ていきましょう。

(出典:令和2年国勢調査 人口等基本集計

【2022年4月27日13時30分 追記】
記事初出時、出典元が誤っていたため修正しました。お詫びして訂正いたします。

advertisement

第2位:米子市(1112.5人)

 第2位は「米子市」でした。鳥取県西部に位置し、人口密度は1平方キロメートルあたり1112.5人です。

 米子市は江戸時代から商業都市として発展してきました。市内にある皆生温泉は、日本でのトライアスロン発祥地として有名です。大東建託が2021年に発表した鳥取県の「街の住みここちランキング」「住みたい街ランキング」では、ともに米子市が首位を獲得しています。

advertisement

第1位:境港市(1124.7人)

 鳥取県内で最も人口密度が高かったのは、1平方キロメートルあたり1124.7人の「境港市」でした。

 鳥取県の弓ヶ浜半島の北端に位置する港町で、境漁港の2021年の水揚げ量は全国6位を誇ります。漫画家・水木しげるさんの故郷でもあり、「水木しげるロード」「水木しげる記念館」は観光スポットとして有名です。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ライフ」のアクセスランキング