メディア

「東京23区」で住みたい街ランキング! 第1位は「杉並区」!【2022年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 東京都のなかでも人気の高いエリアが集まる「東京23区」。交通利便性の高さや買い物スポットの多さなど、それぞれの区には異なった魅力があり、「東京23区に住むならここがいい」と思う街がある人もいるのではないでしょうか。

 そこで2022年4月20日から4月27日までの間、ねとらぼ調査隊では「『東京23区』の中であなたが住みたいのは?」というアンケートを実施していました。

 今回のアンケートでは計277票の投票をいただきました。ご投票ありがとうございます! それでは結果を見ていきましょう。

advertisement

第2位:世田谷区

三軒茶屋
画像は「写真AC」より

 第2位は「世田谷区」でした。得票数は33票です。

 2022年1月時点で大田区に次ぐ面積の広さを誇る世田谷区は、23区で最も多い人口約92万人を抱える区。三軒茶屋や下北沢など若者に人気の街から、成城や等々力などの高級住宅街まで、さまざまな特色を持つエリアがあります。公園など緑豊かな場所が多く残っていることから、ファミリー層からの人気も高く、また小田急線や京王線、東急田園都市線などが走っており、都心方面へのアクセス性の良さも見逃せません。

advertisement

第1位:杉並区

画像は「写真AC」より

 そして第1位は「杉並区」でした。得票数は39票です。

 23区の西側に位置する杉並区は、武蔵野市や三鷹市などに隣接。JR中央線や東京メトロ丸ノ内線、西武新宿線などの鉄道はもちろん、駅の間を縫うように走るバス路線も発達しています。そんな杉並区といえば、子育て支援の手厚さで有名。出産や子育てにまつわる助成金や手当といった金銭面での支援はもちろん、一時保育や交流事業などを利用できる「子育て応援券」の交付など、さまざまな支援を展開しています。また区内には荻窪や高円寺、阿佐ヶ谷といった人気のエリアもあり、子育て世代以外からも注目を集める街となっています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.