メディア

人口1000人あたりの「飲食店」が多い都道府県ランキング! 第1位は沖縄県!【2020年度】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 私たちが生きていくうえで欠かせない食事。そんな食事を気軽に楽しめる飲食店は、欠かせない大切な存在ですよね。グルメ目当てに旅行をされる方も多いでしょう。そんな飲食店はどの都道府県で多いのでしょうか?

 今回は厚生労働省の「衛生行政報告例」を基に、人口1000人あたりの飲食店が多い都道府県ランキングをお送りします。なお、人口データは総務省統計局「令和2年国勢調査結果」を参照しています。

(出典元:厚生労働省「衛生行政報告例」

advertisement

第2位:大阪府(15.3軒)

 第2位は大阪府でした。人口1000人あたりの飲食店数は15.3軒です。

 大阪府は日本屈指の観光エリアで、飲食店数は13万5036軒。これは東京都に次ぐ全国2位の数値です。観光庁の「訪日外国人消費動向調査」によると、大阪は観光・レジャー目的の訪日外国人数が多い地として知られており、インバウンドによる飲食店への需要が全国2位の飲食店数を支えている要因かもしれませんね。

advertisement

第1位:沖縄県(20.7軒)

 第1位は沖縄県でした。人口1000人あたりの飲食店数は20.7軒です。

 沖縄はラフテーやチャンプルー、沖縄そばなど、独自グルメが豊富なエリア。2020年の人口は146万7480 人で、飲食店総数は3万343 軒です。同県の飲食店のうち「一般食堂・レストラン等」の占める割合は40%ほどで、これは80%以上を占める東京都の半分以下の数値となります。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.