メディア

【競馬】平成以降の「年度代表馬」人気ランキングTOP27! 第1位は「オルフェーヴル」!【2022年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

第3位:テイエムオペラオー(2000年)

advertisement

第2位:ディープインパクト(2005年/2006年)

advertisement

解説

 第2位には「ディープインパクト」がランクイン。ディープインパクトは2004年から2006年にかけて活躍した牡馬です。通算で14戦12勝の成績を残し、クラシック三冠を含む7つのGIレースを制覇しました。

 年度代表馬には2005年と2006年の2年連続で選出されており、特に2005年は日本競馬史上2頭目となる無敗でのクラシック三冠を達成し、最優秀3歳牡馬にも選ばれています。また、2006年は天皇賞(春)、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念の4つのG1レースを制するなどの活躍で、年度代表馬および最優秀4歳牡馬にも選出されました。

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「スポーツ」のアクセスランキング