メディア

タケノコに付いた「白いもの」……食べても大丈夫? 詳しく解説

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 あなたの朝がいつもイイ朝でありますように—ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。テーマは「タケノコの栄養」です。

ニッポン放送「羽田美智子のいってらっしゃい」
advertisement

解説

 タケノコは食物繊維を豊富に含んでいます。タケノコのシャキシャキとした食感は、この豊富な食物繊維によるものだと言われています。タケノコの食物繊維は腸を刺激して、腸の運動を活発にし、便通を促進してくれる働きがあります。

 カリウムも多く含んでいますが、カリウムには身体の過剰な塩分を、尿と一緒に出してくれる働きがあります。そのため、高血圧の予防や身体のむくみをとる作用が期待できます。さらに、体内の活性酸素を取り除く働きがあるポリフェノールも含まれています。

 そんなタケノコですが、特に水煮のものをカットしたとき、節と節の間に白い結晶のようなものが付いていることがあります。これは「チロシン」というアミノ酸の一種で、水に溶けにくい性質を持つため、結晶となってタケノコの内部に残るのだそうです。タケノコの旨味成分でもあり、食べても害はないとされています。

 さらにチロシンは、やる気や意欲を起こしてくれるホルモン、ドーパミンとも関連があって、心身のバランスを保つために欠かせない物質でもあります。チロシンはタケノコだけでなく、味噌や納豆、チーズを保存しておいたときにもできるそうです。

advertisement

番組情報

羽田美智子のいってらっしゃい
毎週月曜〜金曜 7:37 – 7:42番組HP
晴れの日や雨の日、気分が明るい時、ちょっと暗い時、そんなあなたの朝に『いってらっしゃい』の言葉を届けます。
あなたの朝がいつもイイ朝でありますように・・・

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.