メディア

「井上陽水」のシングル曲人気ランキングTOP48! 第1位は「少年時代」に決定!【2022年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 独特な感性と魅力で多くの作品を世に送り出してきたシンガー・ソングライターの「井上陽水」さん。1973年に発売された3枚目のアルバム「氷の世界」は日本で初めてミリオンセラーを記録したアルバムです。

 2022年5月5日から2022年5月12日までの間、ねとらぼ調査隊では「井上陽水のシングル曲で好きなのはどれ?」というアンケートを実施しました。

 今回のアンケートでは計746票の投票をいただきました。たくさんのご投票ありがとうございます! それでは投票結果を見ていきましょう。

advertisement

第2位:Make-up Shadow

出典:Amazon.co.jp
Make-up Shadow"

Make-up Shadow

井上陽水, 佐藤準
984円(07/04 06:04時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第2位は「Make-up Shadow」でした。得票数80票、全体の10.7%となる票を獲得しました。

 陽水さんの33枚目のシングルとして1993年にリリースされた「Make-up Shadow」。テンポがよくどこかミステリアスな雰囲気と、陽水さんのあでやかな歌声が合わさった唯一無二の名曲で、大人びた歌詞も魅力的です。

 この曲は1993年にフジテレビで放送されたドラマ「素晴らしきかな人生」の主題歌ですが、発売から13年後の2006年にはトヨタ自動車のCMソングとしても使われています。ダブルミリオンを記録したベストアルバム「GOLDEN BEST」にも収録されており、2019年に発売された「井上陽水トリビュート」では若者に人気の2人組ロックバンド「ヨルシカ」がカバーしています。

advertisement

第1位:少年時代

出典:Amazon.co.jp
少年時代"

少年時代

井上陽水
968円(07/04 06:04時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第1位は「少年時代」でした。得票数124票、全体の16.6%となる票を獲得して見事1位に輝いています。

 1990年にリリースされた「少年時代」は、陽水さんにとって29枚目のシングル。藤子不二雄Ⓐさんの漫画『少年時代』を映画化する際に書き下ろされた曲で、飲み友達であった藤子不二雄Ⓐさんが直接、陽水さんに楽曲のオファーをしたそうです。子どもの頃の夏休みを思い出すような歌詞で、ノスタルジックな気持ちになれる楽曲です。

 発売当初はチャート順位が伸び悩みましたが、1991年にソニーのビデオカメラのCM曲に採用されたことで認知度が大幅にアップ。累計売上は136万枚で、陽水さん最大のヒット曲となりました。その後、忌野清志郎さんや宇多田ヒカルさんにもカバーされています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.