メディア

「大阪のカレー」人気ランキングTOP20! 1位は「カレーレストラン ブルーノ HEPナビオ店」【2022年5月時点の評価/カレーデータベース】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 さまざまなエリアのカレー店を紹介する日本最大級のカレー情報サイト「カレーデータベース」では、ユーザーからのレビューを活用したカレー店のランキングを公開しています。今回はその中から、「大阪のカレー」で評価の高かったお店をランキング形式で紹介します。なお、ランキングは2022年5月19日時点のものです。

画像:PIXTA

※当記事では、Twitter社が定める「ユーザーの権利およびコンテンツに対する権利の許諾」に基づいてツイートを利用しています。
※閉店した店舗が含まれている場合があります。

advertisement

第2位:自由軒 難波本店

 第2位は大阪市中央区にある「自由軒 難波本店」でした。明治43年に、大阪初の西洋料理店として難波で創業した歴史あるお店です。四代にわたって受け継がれてきた料理の味は、どれも歴史の重みを感じられるものばかり。

 特に自由軒を代表するメニューの「名物カレー」は、もはや大阪の名物の1つと言われるほどの知名度を誇ります。タマネギと牛肉のみというシンプルな具に、自由軒が初めてとされる「生卵」をトッピング。「うすくち」のだし汁が利いたこのカレーを一度は口にしてみたいですよね。

advertisement

第1位:カレーレストラン ブルーノ HEPナビオ店

 第1位は大阪市北区にある「カレーレストラン ブルーノ HEPナビオ店」でした。1979年に「時間割り」という名前でスタートし、その後「ブルーノ」に名前が変わったカレーレストランです。

 パリのホテルをイメージしたという、おしゃれで高級感のある店内は、モダンな雰囲気が漂います。数種類ものスパイスを組み合わせて作られるカレーは、独自の製法でまろやかなコクを生み出しており、大人な味わい。バターライスと6種の薬味がおかわり自由なのもうれしいポイント。全16種類以上のカレーはどれも試してみたくなります。

 TOP20の全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.