メディア

「ガリガリ君」「ガツン、とみかん」などあなたが一番好きな「赤城乳業のアイス」はどれ?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 埼玉県深谷市に本社を置くアイスクリームメーカー「赤城乳業」。1931年に創業した歴史の長い企業で、「ガリガリ君」などの人気商品を次々に発表し、全国的な知名度を誇っています。また、期間限定として独特な風味のアイスを販売するなど、挑戦的な戦略をとることでも有名です。

 そこで今回は「好きな赤城乳業のアイスは?」というアンケートを実施します。あなたが一番好きな商品にぜひご投票ください。まずは、数ある赤城乳業の商品ブランドから3種類を紹介しましょう!

advertisement

ガリガリ君

 赤城乳業を代表する主力商品である「ガリガリ君」。ザクザクのかき氷をアイスキャンディーでコーティングした構造で、子どもが遊びながら片手で食べられる氷菓として開発されました。棒はくじになっていて、当たりを引けば商品1つと交換してくれるシステムになっています。基本となるソーダ味のほか、さまざまなフレーバーがあり、ときには期間限定でコーンポタージュ味やシチュー味、ナポリタン味など、個性的なフレーバーを発売することでも知られています。

advertisement

「ガツン、と」シリーズ

 「ガツン、と」シリーズは、果肉のおいしさを追求したアイスキャンディーです。中でも代表的な「ガツン、とみかん」は、その名の通りみかん味のアイスキャンディーにみかんの果肉が詰め込まれた商品。果肉40%入りの本格的な味わいが楽しめます。2022年5月現在は「ガツン、とみかん」「ガツン、といちご」の2種類が販売されています。

advertisement

かじるバターアイス

 「かじるバターアイス」は、北海道産発酵バターの濃厚な風味を生かしたアイスクリームです。2021年2月に発売されるや否や、SNSを中心に大きな話題を呼び、全国のコンビニエンスストアやスーパーなどで品切れが相次ぐなど大ヒットしました。2022年3月にはファミリーパックの発売も開始。通常版よりもひと回り小さく、子どもや高齢者でも食べやすいサイズになっています。

advertisement

まとめ

 ここまで、赤城乳業のアイスから3種類を紹介しました。子どもから大人まで楽しめるバラエティー豊かなラインアップとなっています。

 選択肢には、2022年5月現在、赤城乳業公式サイトに掲載されている17種類のブランドを用意していますが、もし期間限定商品など選択肢以外に投票したいという場合は「その他」を選択のうえ、コメント欄に商品名と投票理由をお書きください。

 また、各アイスの好きなところや、おすすめのフレーバーなどもぜひコメント欄にお寄せください。みなさんのご投票お待ちしています!

参考

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.