メディア

「老後に住みたい都道府県」はどこ?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 人生の終わりをどこで迎えるか、老後をどこで過ごすかというのは誰もが一度は考えたことがあるテーマではないでしょうか。交通の利便性や自然環境、慣れ親しんだ土地など、重視する点は人それぞれ。老後はこんな条件がある地域で暮らしたいと考えている人も多いでしょう。

 そこで今回は「老後に住みたい都道府県はどこ?」というアンケートを実施します。「ずっと憧れがある」「絶対に移住すると決めている」といった都道府県をぜひ教えてください。ここではまず、編集部がピックアップした3つの都道府県を紹介します。

advertisement

北海道

 日本最北端に位置する都道府県として、人気観光地にもなっている北海道。北海道の魅力といえば、まず思い浮かぶのが雄大な自然です。太平洋・日本海・オホーツク海の3つの海に囲まれた広大な土地を持ち、同じ道内の中でもさまざまな表情を楽しむことができます。

 また、新鮮な海の幸や山の幸など、北海道ならではの食文化が発達しているのも大きな魅力。食べ物が美味しいかどうかも老後を過ごす都道府県を考えるうえではとても重要です。

advertisement

東京都

 政治や経済、金融など日本のあらゆる機能を担う東京都。老後を過ごす都道府県といえば地方をイメージする人も多いと思いますが、快適な暮らしを実現するためにはやはり生活の利便性が欠かせません。

 その点、東京都には交通インフラはもちろん、商業施設から娯楽施設まで何でも揃っているため、生活に不自由することはないでしょう。利便性を重視するのであれば、東京都は老後を過ごすのに適した環境といえます。

advertisement

沖縄県

 日本で最も南に位置する都道府県として、他の都道府県とはまったく異なる雰囲気を持つ沖縄県。一年を通じて温暖な気候なので非常に過ごしやすく、南国リゾートのような街の雰囲気の中でゆったりとした暮らしを実現できます。

 電車が少ない点や、台風の通り道になっている点など、沖縄県ならではの不自由と思える点もあるかもしれませんが、温暖な気候と美しい景観の中で老後を過ごせるのは唯一無二の魅力です。

advertisement

「老後に住みたい都道府県」はどこ?

 今回のアンケートでは47都道府県が対象となります。いつかは故郷に帰りたいと考えている、旅行をして気に入った地域があるなど、思い思いの理由によるご投票お待ちしています! それではアンケートへのご協力、よろしくお願いします。

画像:写真AC

参考

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.