メディア

「九州のお風呂が良かったホテル」ランキングTOP10! 1位は「霧島ホテル」【2022年3月時点/じゃらん】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 温泉、夕食、観光地、お土産など、旅行の楽しみはたくさんありますよね。出かける前から、あのお店や観光スポットに寄ろう、あのお土産を買って帰ろうなど、想像して楽しんでいる人も多いと思います。

温泉
画像:写真AC

 今回は、リクルートが運営する旅行予約サイト「じゃらんnet」の協力のもと、「九州のお風呂が良かったホテル」ランキングを紹介します。ランキングは、じゃらんnetに投稿されたクチコミの「風呂」の評点をベースに作成。集計期間は2021年4月1日~2022年3月31日までの1年間で、該当するクチコミが15件以上の宿泊施設が対象です。なお同点だった場合は、クチコミ投稿数の多い施設が上位となります。

 それではさっそくランキングを見てみましょう!

(出典:じゃらんnet「九州/泊まって良かった(風呂)宿ランキング」

当記事では、Twitter社が定める「ユーザーの権利およびコンテンツに対する権利の許諾」に基づいてツイートを利用しています。

advertisement

第2位:SHIROYAMA HOTEL kagoshima(鹿児島県)

画像:じゃらんnet

 第2位は「SHIROYAMA HOTEL kagoshima」でした。桜島と鹿児島市内を見下ろす高台にあるホテルで、展望露天温泉では素晴らしい景色とともに温泉を堪能できます。地下1000mから湧き出る温泉は、お肌がつるつるになると宿泊客から評判。客室は全355室・31タイプがあり、開放感あふれる眺望が自慢のお部屋や“ジャパニーズモダン”がテーマのお部屋など、さまざまなお部屋が用意されています。鹿児島の食材を堪能できる多彩なレストランや自社製造のクラフトビールを楽しめる城山ブルワリーなど、食の楽しみも盛りだくさんです。

advertisement

第1位:霧島ホテル(鹿児島県)

画像:じゃらんnet

 第1位は「霧島ホテル」でした。霧島温泉郷の1つ、硫黄谷温泉の湯を引くホテルです。魅力は何といっても迫力たっぷりの「硫黄谷庭園大浴場」。14もの泉源をもち、1日およそ1400万リットルという豊富な湯量をそのまま湯船に注いでいます。硫黄泉や明礬泉(みょうばんせん)など4つの泉質が楽しめるので、じっくり時間をかけて堪能したいものですね。宿泊棟は「高千穂館」「東館」「西館」の3タイプがあり、和室から洋室までバラエティ豊かな客室を誇ります。坂本龍馬ゆかりの宿としても知られ、館内では関連グッズの販売や資料の展示も実施。鹿児島の郷土料理も味わえますよ!

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.