メディア

Honda「ハンターカブ」歴代モデル人気ランキングTOP10! 第1位は「CT125・ハンターカブ」に決定!【2022年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 2022年5月21日から5月28日までの間、ねとらぼ調査隊では「あなたが一番好きな歴代『ハンターカブ』のモデルはどれ?」というアンケートを実施していました。

 投票対象は、本田技研工業(Honda)のオートバイ「CT」シリーズ(ハンターカブ)の歴代11モデルとなります。今回のアンケートでは計239票の投票をいただきました。たくさんのご投票ありがとうございます! それでは結果を見ていきましょう。

advertisement

第2位:CT110

画像:HONDA公式サイト

 第2位はCT110。得票数79票、得票率は33.1%となりました。

 CT110は1981年10月に国内で発売されたオートバイです。同年3月に発売されたCT250シルクロード、4月発売のTL125イーハトーブに続く「トレッキングバイク」の第3弾として登場しました。現在も高い人気を持つモデルで、生産終了後も大切に乗り続けている人が多いです。

 カスタムパーツが豊富で、自分だけのカスタムができるのも人気が続く理由の1つ。ワイルドなツーリングが好きな方にもぴったりなオートバイといえるでしょう。

advertisement

第1位:CT125・ハンターカブ

画像:HONDA公式サイト

 第1位はCT125・ハンターカブ。得票数138票、得票率は57.7%でした。

 2019年の東京モーターショーで発表され、1981年に発売された「CT110」をオマージュしたモデルとして、大きな話題を集めたCT125・ハンターカブ。2020年に発売されたモデルです。

 ハンターカブのデザインを継承しつつも、デザインや性能は現代の生活にぴったり。安全面がしっかりとしており、前後輪それぞれにディスクブレーキが装着されているため、多くの荷物を載せても坂道でしっかりと止まれます。初めてハンターカブに乗るという人にもおすすめです。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「乗り物」のアクセスランキング