メディア

「花火大会」に行きたい都道府県ランキングTOP41! 第1位は「新潟県」に決定!【2022年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 日本の夏の風物詩、花火大会。2022年の夏は日本各地で個性豊かな花火大会が開催される予定のため、花火大会を目的に旅をする人も多いのではないでしょうか?

 そこでねとらぼ調査隊では、2022年6月11日〜6月18日まで「花火大会に行きたい都道府県は?」というアンケートを実施していました。

 今回のアンケートでは、341票の投票をいただきました。たくさんのご参加ありがとうございます! それではランキングを見てみましょう。

advertisement

第2位:秋田県

画像:写真AC

 第2位は「秋田県」です。得票率は19.3%でした。男鹿市の「男鹿日本海花火」、能代市の「能代の花火」など、大規模な花火大会が多いのが特徴です。

 秋田県の花火大会で欠かせないのは、なんといっても「大曲の花火」。その歴史は古く、大仙市大曲地区にある諏訪神社祭典の余興花火として、1910年に開催されたのが始まりとされています。現在では「全国花火競技大会」として28社が参加し、その花火師としての腕を競い合う大会となっています。

 1997年に秋田新幹線が開通して大曲駅に乗り入れるようになり、NHKで全国放送されるようになると、より全国的に有名となりました。2007年には過去最高の約76万人を動員しており、日本屈指のイベントとなっています。

advertisement

第1位:新潟県

画像:写真AC

 第1位は新潟県。得票率は33.7%でした。「新潟まつり花火大会」や「ぎおん柏崎まつり 海の大花火大会」など、大規模な花火大会が多く開催される、まさに花火大会の聖地です。

 中でも有名なのは「長岡まつり大花火大会」。日本三大花火大会の1つで、長岡まつりの2、3日目に開催されています。信濃川の河川敷で行われており、その景観は圧巻。なお、競技大会ではなく戦争や自然災害への慰霊・復興を祈念するものとして開催されているそうです。

 2日間で100万人以上を動員する日本最大級の花火大会となっており、全国から多くの人が鑑賞に訪れます。2022年には3年ぶりの開催がアナウンスされており、楽しみにしている人も多いでしょう。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「エンタメ」のアクセスランキング