メディア

「窃盗の検挙率」が高い都道府県ランキングTOP20! 1位は「山形県」【2020年データ】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 金銭や物品を盗む「窃盗」は、刑法235条で「10年以下の懲役又は50万円以下の罰金」に処せられる罪です。2020年における窃盗の認知件数は41万7291件で、1日に1000件以上起こっている計算となりますが、このうち検挙に至っているのは半数に満たない17万687件です。

 そこで今回は、警察庁の「令和3年警察白書 統計資料」をもとに、「窃盗の検挙率が高い都道府県ランキング」をお送りします。さっそく、ランキング上位の都道府県を見ていきましょう。

(出典:警察庁「令和3年警察白書 統計資料」

advertisement

第2位:熊本県(72.8%)

 第2位は熊本県でした。2020年の検挙率は72.8%です。

 同年(2020年)の全国平均の検挙率は40.9%となっており、熊本県の値はそれを31.9ポイント上回っています。

 熊本県を管轄する熊本県警は、県内に全部で23の警察署を有します。同県警はSNSでユニークな発信をすることもあり、最近では「シン・ウルトラマン」にかけて「シン・巡査 目府伊羅酢」のオリジナル名刺をTwitterで投稿し話題となりました。マスコットキャラクターの「ゆっぴー」も、熊をモチーフにしたかわいらしくも凛々しい外見で活躍しています。

advertisement

第1位:山形県(85.1%)

 第1位は山形県でした。2020年の検挙率は85.1%です。窃盗の認知件数1959件のうち1668件が検挙にいたっています。

 今回のランキングのトップ5を見ると、東日本エリアに属する都道府県は山形県だけという結果になっています。

 山形県を管轄する山形県警は、県内に14の警察署を有しています。近年はYouTubeでの発信も行っており、より県民に身近な存在となりつつあります。山形県の動物・カモシカをモチーフにした「カモンくん」がマスコットキャラクターです。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.