メニュー

お弁当で使う『タレ瓶』のなかには『ランチャーム』という特許をとった名前がある

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 市販のお弁当、あるいはご家庭のお弁当の中に、“緑色の葉っぱのようなもの”が入っていることがあります。

 おかずを仕切るために使われていますが、この名前を『バラン』と言います。

 元々は『葉蘭(はらん)』という、ユリ科の植物の葉で作られたものを『ハラン』と呼んでいました。その『葉蘭』が語源になって『バラン』という言葉が出来たそうです。

 現在、よく使われている樹脂で出来た『バラン』は『人造バラン』という呼び方が正式だそうですが、いまでは『バラン』の呼び方で使われています。

 お店などでは“樹脂で出来たもの”を『バラン』、“生の葉っぱで出来たもの”を『ハラン』といったように区別して使うことが多いそうです。

 続いて、お弁当の時に使う魚やビンの形をした小さな醤油入れです。

 正式には“使い捨ての調味料ポリ容器”ですが、これにもちゃんと名前がありまして、『ランチャーム』です。

 1957年(昭和32年)、業務用の消耗品などの製造・販売の会社『旭創業』が発明しました。

 この『ランチャーム』という名前は『ランチ(昼食)』と『チャーム(魅力)』を掛け合わせたものといわれています。

 『ランチャーム』は特許を取っていますので、他社で作られた同じような醤油入れのことは『ランチャーム』という名前ではなく『たれびん(タレ瓶)』と言います。

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい
ニッポン放送ほか全国ネット
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 朝7:37から(「飯田浩司のOK! Cozy up!」内)
ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。

関連タグ

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

ランキング