メニュー

Switch「Fit Boxing(フィットボクシング)」が異例の“ジワ売れ”、「想像以上にキッツイ」と人気広がる

「早見沙織さんや中村悠一さんに鍛えてもらえる」という動機で購入する人も。発売元のイマジニアに取材しました。

「早見沙織さんや中村悠一さんに鍛えてもらえる」という動機で購入する人も。発売元のイマジニアに取材しました。

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

「早見沙織さんや中村悠一さんに鍛えてもらえる」という動機で購入する人も。発売元のイマジニアに取材しました。

 Nintendo Switch用のエクササイズゲームFit Boxingが、発売以降じわじわと売上を伸ばしています。Twitter上では「めちゃくちゃ楽しい」「インストラクターの声優がやたら豪華」といった感想のほか、「想像以上にキッツイ」「最初のトレーニングやっただけで既に膝と肩が痛い」などの声も。一体何がSwitchユーザーに受けているのか、発売元のイマジニアに取材しました。

Fit Boxing(Amazon.co.jpより)

年明け以降もツイート数は増加 「筋肉痛」「しんどい」などの声も

 「Fit Boxing」は、2本のJoy-Conを両手に握って遊ぶボクシング+エクササイズゲーム。音楽に合わせてジャブやストレート、フックなどを繰り出し、次々指示されるトレーニングメニューをこなしていきます。インストラクター役の声優が、早見沙織さん、中村悠一さん、上坂すみれさん、小清水亜美さん、田中敦子さん、大塚明夫さん――と非常に豪華なことでも話題になっているようです。

「Fit Boxing」ゲーム画面
女性4人、男性2人から選べるインストラクター

 発売されたのは12月20日。発売初週は2500本ほどのゆっくりとしたスタートでしたが、「楽しい」「声優が豪華」などネットで口コミが広がり、2週目、3週目も初週を上回るペースで販売。通常ゲームソフトは発売初週でほぼ売上が決まるとされており、2週目、3週目で売上が伸びるというのはかなり珍しいケースと言えます。

 Twitter分析ツール「Social Insight」を使って、Twitterでの反応を調べてみました。

Twitterでの反応は?

 Twitter上での反応を見ると、12月28日、1月7日、1月10日にそれぞれ大きな盛り上がりがあり、その後もじわじわとツイート数が伸びていることが分かります。

期間:2018年12月10日~2019年1月21日(Social Insight 調べ)

 また、RTを除いた純粋なツイート数のみを見ると、年明け以降はほぼずっと右肩上がりに。じわじわと話題が広がってきていることがうかがえます。

期間:2018年12月10日~2019年1月21日(Social Insight 調べ)

代表的なツイート

 特に話題になったのは、1月6日に「やしろ醤油」さんが投稿した動画。中村悠一さん声のインストラクターが応援してくれる映像に「楽しそう」「めっちゃ筋肉痛になりそう」などの反応が寄せられました。

特に話題になっていたツイート

主な共起ワード「楽しい」「痛い」「筋肉痛」

 一緒につぶやかれた言葉(共起ワード)も、「楽しい」「欲しい」など、ほぼポジティブ一色。また「痛い」「筋肉痛」「しんどい」など、思った以上にキツい、筋肉痛で体が痛いといった感想も目立っていました。

期間:2018年12月10日~2019年1月21日(Social Insight 調べ)

 果たしてこうした反応は想定通りだったのか、発売元のイマジニアに聞いてみました。

実はSwitchになかった「エクササイズ系ゲーム」

―― 発売から約1カ月がたちましたが、売れ行きはいかがですか。

 おかげさまでご好評をいただいております。発売後から徐々に販売数が伸びていて、年末年始の商戦期を過ぎた今も、安定したセールスが続いています。

関連人物

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.