メディア

プレミアムフライデーは死語になったのか? ネットでの盛り上がりを分析してみた

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 本日12月28日はプレミアムフライデー。仕事納めと重なってそれどころではないという人も多そうです。一部では既に「死語」と言われているプレミアムフライデー、開始からこれまでのネットでの盛り上がりを調べてみました。

調べてみた!
advertisement

プレミアムフライデーのトレンド状況を検索数とツイート数で見てみる

 2017年2月にスタートしたプレミアムフライデー。開始時にはネット検索数もツイートとRTの数も急速に増えています。その後は急減し、いずれも低いレベルで推移。最初のプレミアムフライデー(2017年2月24日)と直近のプレミアムフライデー(2018年11月30日)を比べると、ツイート数は5分の1ほどに減少しています。

検索数

期間:2017年1~2018年11月(eMark+ 調べ)

ツイート+RT数

期間:2017年1~2018年11月(Social Insight 調べ)

一番盛り上がった時期と、11月のプレミアムフライデーとのツイート数比較

期間:2017年2月24日、2018年11月30日(Social Insight 調べ)

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ライフ」のアクセスランキング