メディア

ドコモ・au・ソフトバンク 携帯3社の新プランどこがいい?【アンケート実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 菅内閣が改革の一つに挙げた「携帯電話料金の値下げ」。携帯の3大キャリアであるNTTドコモ、au、ソフトバンクは新プランを発表しました。4Gと5Gの共通プランで、これまでにない安い価格帯となっており、注目されています。

 本記事では「携帯3社の新プラン、あなたはどこがいいと思う?」というアンケートを実施します。あなたが一番いいと思うプランに投票してください。

 それでは各社の新プランについて解説していきます。

画像は写真ACより
advertisement

ドコモ「ahamo」

 ドコモの新プラン「ahamo」は料金やサービス内容について、しっかり納得して契約いただくことをコンセプトにしており、新規契約事務手数料やMNP転出手数料、細かい割引の条件などを極力なくしています。

 価格は、月間データ容量は20GBで月額2980円(税抜)。データ容量の追加は、1GBあたり500円(税抜)。5分間までの国内通話が何度でも無料となっています。サービス開始は2021年3月を予定しています。

画像は「ドコモ」公式サイトより引用
advertisement

ソフトバンク「SoftBank on LINE」

 ソフトバンクの新プラン「SoftBank on LINE」は、名前に入っているコミュニケーションアプリ「LINE」がデータ容量を消費せずに使い放題になります。

 価格はドコモ「ahamo」と同じく、月額2980円(税抜)で月間データ容量は20GB。データ容量追加は1GBあたり500円(税抜)。5分間までの国内通話が何度でも無料となっています。サービス開始は2021年3月予定。

画像はプレスリリースより引用
advertisement

au「povo」

 auの新プラン「povo」は、ドコモ「ahamo」やソフトバンク「SoftBank on LINE」では標準となっている「5分間までの国内通話が何度でも無料」がなく、500円安い月額2480円(税抜)と、新プランの中では最も安い料金プランです。月間データ容量は20GBで、データ容量追加は1GBあたり500円(税抜)となっています。サービス開始予定は2021年3月。

 この料金を基本として、トッピングを追加していくのが特徴で、200円で24時間のデータ容量が使い放題になる「データ使い放題 24時間」や、500円で5分間までの国内通話が何度でも無料となる「5分以内通話かけ放題」などが用意されています。

画像は「au」公式サイトより引用
advertisement

アンケート

携帯3社の新プラン、あなたはどこがいいと思う?
合計:829票
実施期間:2021/01/13 00:00 〜 2021/02/12 23:59
投票は締め切りました

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.