メディア

【2021年男女別 冬にまつわる名前】ランキングTOP15! 1位は「凛空くん(男の子)」「凛ちゃん(女の子)」に決定! 【2021年最新結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 リクスタが運営する「無料 赤ちゃん名づけ」Web/アプリにおいて、「2021年男女別 冬にまつわる名前ランキング」が発表されました。

 どんな冬にまつわる名前が人気だったのでしょうか。ランキング結果を見ていきましょう。

画像は写真ACより
advertisement

第3位:凌(男の子)/凜(女の子)

 第3位には、男の子では「凌(りょう)」くん、女の子では「凜(りん)」ちゃんがランクイン。

 男の子の「凌」という漢字は、「氷が丘のように盛り上がって凍る」という意味や、「困難や苦境などに耐えしのぐ」という意味があるそうで、まさに厳しい冬の寒さも乗り越えていけるような名前です。

advertisement

第2位:新(男の子)/凜桜(女の子)

 第2位となったのは、男の子では「新(あらた)」くん、女の子では「凜桜(りお)」ちゃん。名前の読みはどちらも代表的なものとなっています。

 男の子の「新」は、「新年」や「新春」など、年の始まりを連想させる名前。回答者からは「自らの意思を持ち、新たな道を切り開いていけるように」といった由来に対する声が寄せられていました。

advertisement

第1位:凛空(男の子)/凛(女の子)

 そして第1位は、男の子では「凛空(りく)」くん、女の子では「凛(りん)」ちゃんでした。なお、「凛空」の読みは代表的なものとなっています。

 男の子、女の子ともに「凛」という漢字を使った名前が第1位に。さらに、女の子では第3位の「凜」、同じく第2位の「凜桜」を含め、同じ意味を持つ漢字が上位を占める結果となりました。

 なお、一見するとわかりにくいですが、女の子で第3位の「凜」は“つくり”の下の部分が「禾」、第1位の「凛」は“つくり”の下の部分が「示」となっています。

 いずれも「寒さが厳しい様子」を表しており、転じて「身や心が引き締まる」といった意味もあることから、「凛としてしっかりした子」に育ってほしいという思いが込められているようです。

 このほかにはどんな名前がランクインしていたのか、気になる方は次のページをご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.