メディア

【サントリーウイスキー】人気ランキングTOP10! 1位は南アルプスの水で作られる「白州」【2021最新版】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 ねとらぼ調査隊では2020年12月17日から2021年1月16日までの間、「あなたが好きなサントリーのウイスキーは?」というアンケートを実施していました。

 今や世界中で人気となった「サントリーウイスキー」で最も人気のあるものはどれだったのでしょうか? 結果を見ていきましょう。

 今回は総数3521票もの投票をいただきました。ありがとうございます!

advertisement

第10位:ボウモア

 第10位は「ボウモア」でした。得票率は4.2%(148票)。

 スコットランド西岸沖のアイラ島にあるボウモア蒸留所で作られるウイスキーです。1779年創業というスコッチのモルト蒸溜所のなかでも古い歴史を誇る銘柄で、海に面した貯蔵庫で作られるスモーキーな味わいと潮の香りが特徴です。

画像は「ボウモア」公式サイトより引用
advertisement

第9位:バランタイン

 第9位は「バランタイン」。得票率は4.3%(153票)でした。

 ブレンデッド・スコッチの代名詞的な存在であるバランタイン。名前は創業者であるジョージ・バランタインから取られています。ウイスキー密造時代が終わり、さまざまなブレンドが生み出されていた中で磨き上げられたグレーンウイスキーとモルトウイスキーのブレンドは、絶品です。

画像は「バランタイン」公式サイトより引用
advertisement

第8位:ザ・マッカラン

 第8位は「ザ・マッカラン」でした。得票率は4.9%(171票)です。

 スコッチを代表するシングルモルトウイスキー「ザ・マッカラン」はスコットランドのハイランド地方の東部に位置するスペイサイドで作られ、ウイスキー作りに最も適していると言われている土地の一つです。シェリー樽が生み出す風味と、華やかさと上品で濃厚な味わいが特長です。

画像は「ザ・マッカラン」公式サイトより引用
advertisement

第7位:サントリーウイスキー知多

 第7位は「サントリーウイスキー知多」。得票率は5.5%(195票)でした。

 伊勢湾に臨む知多半島・知多蒸溜所は、サントリーが国内に所有する3つの蒸溜所の内のひとつで、とうもろこしを主原料にしたグレーンウイスキーを製造する蒸溜所です。サントリーウイスキーの研究が生んだ革新的なシングルグレーンウイスキーで、口当たりの良い味わいで知多ハイボールは多くの人に親しまれています。

画像は「サントリー」公式サイトより引用
advertisement

第6位:サントリーウイスキー角瓶

 第6位は「サントリーウイスキー角瓶」。得票率は5.8%(205票)でした。

 角ばった亀甲模様の瓶で販売されているブレンデッドウイスキー。山崎と白州蒸溜所のバーボン樽原酒をバランス良く配合。甘やかな香りとコク、ドライな余韻が特長のウイスキーです。角ハイボールで親しまれているウイスキー。

画像は「Amazon」より引用

advertisement

第5位:ラフロイグ

 第5位は「ラフロイグ」でした。得票率は6.6%(233票)です。

 第10位の「ボウモア」と並ぶ、スモーキーシリーズの一つ。スコットランド・アイラ島で作られています。やや塩っぽくてドライな後味で、「ラフロイグ」の強い主張はシングルモルトウイスキーが 世界的な人気となるほど。

画像は「Amazon」より引用

advertisement

第4位:サントリーウイスキーオールド

 第4位は「サントリーウイスキーオールド」得票率は7.2%(255票)でした。

 サントリー 「オールド」は、山崎シェリー樽原酒由来の、まろやかでやわからい口当たりとほんのり甘い余韻が特長のウイスキー。かつてのオールドのキーモルトであったシェリー樽を強化することでさらにまろやかになりました。

画像は「Amazon」より引用

advertisement

第3位:サントリーウイスキー響

 第3位は「サントリーウイスキー響」です。得票率は8.3%(294票)でした。

 サントリー創業者・鳥井信治郎さんの「日本人の感性で、世界で愛されるウイスキーをつくる」という夢。それを受け継いだ2代目マスターブレンダーは信治郎さん次男である佐治敬三さんが、サントリー創業90年に作ったのが「響」でした。ギフトにも最適な高級ウイスキーの定番であり、一般向け商品としては現在のところ、響 JAPANESE HARMONY・響21年・響30年がラインアップ。繊細なカットが施されたボトルからも高級感が漂っています。

 コメント欄を見てみると「シングルモルト党だったけどブレンドもうまいと思わせてくれた響ブレンダーズチョイスが好き」と、ブレンダーズチョイスがおいしいという声が見られました。

画像は「Amazon」より引用

advertisement

第2位:シングルモルトウイスキー 山崎

 第2位は「シングルモルトウイスキー 山崎」。得票率はグッと上がり12.9%(454票)でした。

 大阪府三島郡島本町にある、山崎蒸溜所で製造されているシングルモルトウイスキーです。なめらかで豊かな味わいが魅力で、1984年の発売以来、世界のコンテストで輝かしい賞を受賞してきました。やわらかく華やかな香り、甘くなめらかな味わいが特徴のウイスキー。

 現在は山崎に加え、山崎12年・山崎18年・山崎25年がラインアップ。ラベルの文字はサントリーの2代目社長であり、2代目マスターブレンダーでもあった佐治敬三さんによるものです。

 コメント欄を見てみると「ウイスキーのおいしさを知ったのが山崎だった」「山崎はうまいけど買えないからね~」などの声が見られました。

画像は「Amazon」より引用

advertisement

第1位:シングルモルトウイスキー 白州

 第1位は「シングルモルトウイスキー 白州」でした。得票率は15.6%(548票)でした。

 みずみずしい味わいが特徴のシングルモルトウイスキー白州。誕生したのは1994年で、山梨県北杜市白州町にある白州蒸溜所で製造されています。山崎とは違う個性を持ったジャパニーズウイスキーを作りたいという思いから、理想の水を求めてこの地にたどりついたそう。

 この水は現在、ミネラルウォーター・南アルプス天然水として販売されており、白州は仕込み水での水割りを楽しめる銘柄です。

 コメント欄では「白州はうますぎる!」「白州がやっぱり好き! 高くて買えないけど」など、値段が上がって気軽に飲めなくなったという声が見られました。山崎と同様に、高級品として手が出しにくい商品のようです。

画像は「Amazon」より引用

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.