製品比較
» 2014年05月12日 21時30分 公開

2000円前後で買える、1万mAh超のモバイルバッテリーは“使える”?あやしいバッテリーも(1/2 ページ)

いまだによく使う人にとっては必需品と言えるモバイルバッテリーに、低価格で大容量な製品が増えてきた。果たしてそうした格安製品は安心して買えるのか、実際に入手して検証してみた。

[園部修,ITmedia]

 スマートフォンのバッテリーは年々大容量化が進んでおり、電力消費を抑える機能も進化してきているが、「まだまだ充電用のモバイルバッテリーは手放せない」という人は多い。最近は容量の大きなモバイルバッテリーも手ごろな価格になっており、なんと2000円前後で容量1万mAhをうたうモバイルバッテリーが販売されている。

 そこで今回は、2000円前後で買える1万mAh超の容量を持ったモバイルバッテリー5製品を編集部で入手し、テストしてみた。選んだのは、いずれもAmazonで販売されている製品だ。

2000円バッテリー Amazonで2000円前後で購入できる、容量1万mAh以上をうたうモバイルバッテリー。左からsmart ways SW-MB06、CITUS NEO X1、ROMOSS Sense 4、モバイルバッテリー 12000mAh、Winten WT-P100S-BK

モバイルバッテリーの選び方

 格安モバイルバッテリーの評価に入る前に、モバイルバッテリーを選ぶときのポイントを整理しておこう。

 モバイルバッテリーは、容量が大きければいいというものではない。容量が大きいと、それだけ充電に時間がかかる。1万mAhだと、空の状態からフル充電までだいたい11時間から13時間程度かかる。またバッテリーは、フル充電の状態が長時間続くと劣化が早まってしまうので、頻繁に使った方がいい。いざというときの補助のためにモバイルバッテリーを買うのなら(つまりあまり充電・放電はせず、カバンの中に保険として入れておくのなら)、自分のスマートフォンが1回充電できるくらいの容量のモバイルバッテリーがあれば十分だ。価格も安く、軽く、小さいものでいい。

 1万mAhクラスの大容量のバッテリーが必要になるのは、通話やネット利用が多く、1日に何度か充電が必要になる用な人や、スマホでゲームをする時間が長い人などだ。あるいは複数台のスマートフォンや、スマートフォンとモバイルWi-Fiルーターなどを持ち歩いている人、タブレットにも充電をしたい人など。いわゆるヘビーユーザー向けの製品といえる。

 1万mAhクラスの製品になると、その多くは2つのUSBポートを備え、1A(アンペア)出力と2.1A出力に対応するが、中には2.1Aでの出力ができないものもある。2.1Aでの出力ができないと、タブレット(特にiPad)の充電に時間がかかるので気を付けよう。またポートが2つあっても、2つ同時に利用できない製品があるので注意したい。

バッテリー容量の注意点

容量が1万mAhあっても、1万mAh分をまるまるスマートフォンに充電できるわけではない

 モバイルバッテリーの容量は、自分が持っているスマートフォンを何回くらい充電できればいいかで、ある程度絞り込める。ただし、モバイルバッテリーの容量を考える上で注意すべきことがある。それは、モバイルバッテリーの容量が、そのまま100%スマートフォンに充電できるわけではないことだ。

 一般的に、モバイルバッテリーやスマートフォンに搭載されているバッテリーは、電圧が3.7V(ボルト)前後だが、Micro USB端子を経由して充電する関係で、USBの規格に合わせモバイルバッテリー側で電圧を一度5Vに変換し、スマートフォン側でまた3.7Vに戻すという作業を経る。そのため、途中で変換ロスが発生する。

 実際にスマートフォンに充電できる容量は、製品により差があるが、だいたい本体の容量の60〜70%くらいが目安になる。1万mAhだと、6000〜7000mAhくらいということだ。1500mAh程度のバッテリー容量であれば4回くらい、最近のAndroidスマートフォンの2500mAh程度のバッテリーだと2回強充電できる。ちなみにiPhone 5sのバッテリー容量は1560mAhなので、1万mAhのバッテリーでは4回充電できれば合格ラインと言える。

 モバイルバッテリーの中には「スマートフォン○回充電」といった記述をしている製品もあるが、前述のとおり充電できる回数はスマートフォンのバッテリー容量によって変わるので注意が必要だ。また、中には変換ロスを考慮せずに計算をしている(「1万mAhあれば2000mAhのバッテリーを5回充電できる」といった間違った数字を掲載している)販売サイトも散見されるので、誤解がないようにしたい。

 では、実際に入手したバッテリーを見てみよう。検証作業では、ドコモのシャープ製Androidスマートフォン「AQUOS PHONE ZETA SH-06E」を利用し、「Battery Mix」アプリを用いて、残量1%の状態からフル充電まで何回充電できるかを確認した。SH-06Eのバッテリー容量は2600mAh。充電は電源が切れる直前の、残容量1%の状態から、すべてのアプリを終了し機内モードに設定して実行している。

5製品の特徴と検証結果はこちら

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」