まとめ
» 2014年09月23日 07時00分 公開

iPhone 6で撮りまくれ! iOS向け定番カメラアプリ5選多すぎて迷う

人気ジャンルのカメラアプリ。皆で写真を共有、キレイに編集、面白さの追求まで、定番アプリだけでもたくさんのことができる。iPhoneのカメラのすごさとApp Storeのアプリの豊富さを実感せよ!

[小林誠,ITmedia]

 iOS 8の純正カメラには新たな設定がだいぶ加わり、編集ツールも充実した。それでもまだまだ、App Storeにある大量のカメラアプリに出番はありそうだ。定番と言われるアプリだけを見ても、iPhone 6のカメラをもっと楽しく便利にする機能があふれている。もちろん重なる機能もあるが、決して同じとも言えない。定番モノと使い比べてiPhone 6の凄さをさらに実感する、というのも大事な体験だ。

1位:“今”を代表するカメラアプリはSNSの「Instagram」

 SNSでありながらカメラアプリとしても絶対に欠かせない存在。写真を皆でシェアするだけでなく、フィルターも豊富で、普通の何気ない写真が格好良く、味のある写真に変わる。いつもの風景、好きなモノを撮って世界中に公開したい。同様のアプリに「LINE Camera」もあるが、より写真メインのSNSとして本アプリを1位に。また「写真を見る」のも楽しい。

2位:PCの定番ソフトはアプリの「Adobe Photoshop Express」に変身

 本格的な画像編集なら、やはりこのアプリの出番。もっともPC版と違い編集機能は「自動編集」など手軽なものが中心。それでも1本あればスマホの画像編集アプリとして必要な機能は満たす。UIも分かりやすく、サクサクと使えるうえ無料なのも嬉しい。アドビ製アプリは他にも無料で提供されているので、試してみるとよいだろう。

3位:ド派手な擬音、効果線に笑ってしまう「漫画カメラ」

 漫画の一コマに自分を入れて加工して撮れるアプリ。派手な擬音が加わる面白い画像になるので、皆で撮り見せ合うと楽しいはず。「サイボーグ009」や「北斗の拳」などのフレームも追加できるので、漫画そのものが好きな人にも嬉しいかも。撮影後にエフェクトだけを次々と交換することもできる手軽な操作も◎。他にも同様のアプリがあるので試してみよう。

4位:初めて触れたスマホのトイカメラは「FxCamera」だった

 トイカメラ風の画像を撮れるアプリ。今でこそ、このジャンルのアプリは大量にあるが、本アプリはスマホ登場初期から完成度が高く人気。当初からシンプルで分かりやすかったが、今もそれは変わらない。iPhoneデビューしたばかりのユーザーには最適だ。先輩たちも使ってきたアプリ、と思って最初の1本として使いこなしてほしい。

5位:周りに配慮してシャッター音を消すのなら「マナーカメラ」

 シャッター音を消して撮影できるアプリ。同様のアプリは多く、人気もあるが悪用する人間もいて物議を醸す。ただ周りに配慮して静かに写真を撮りたい、というシーンは実際よくある。例えば水を打ったような会議で、例えばペットを撮る(音に驚かない)とき、例えば博物館で撮影が許可されているとき。そんな場面でとても便利。結局大事なのは使う側が人生を棒に振る使い方をしないことだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」