連載
» 2014年10月30日 13時45分 公開

自分の“腹八分目”を試す――工夫次第で「暴食と間食を防ぐ」食べ方とは?すずまり流“続く”健康管理(1/2 ページ)

「痩せたい痩せたいとか言いながらさ、本当は全然痩せる気ないでしょ」――言われて初めて気付いたこと。暴食や間食を無理なく防ぐ方法をご紹介します。

[すずまり,ITmedia]

 前回は食事の管理法をご紹介しました。今記憶を振り返ると、ダイエットする前(〜2009年)は、太らないわけがないという食べ方(買い方)をしていたなと思います。特徴的だったのは、食べる前に思う

 「これだけじゃお腹空いちゃうかも

 という意識です。

食べる前から、食後の空腹を心配していたあの頃

 自分の場合、最大の敵は空腹感でした。ですから空腹になる前に手を打とうとします。その結果、自然と大盛りになりますし、こってりどっしりしたものを選ぶようになります。盛れないときは追加。“物足りなさ”を感じなくてすむように、大抵は炭水化物か脂質の多いメニューが加わります。

 当然1回の食事量が増えます。でもたくさん食べておいたからといって、空腹になるまで待つわけではないんですよね。小腹が空いたといってはお菓子を食べ、時間が来たらご飯を食べます。その状態から食べ足りなくならないように食べます。空腹になるより食べ過ぎるくらいのほうが安心なので、ちょっと多かったかなと思っても「もったいない」といって食べてしまいます。

 さして運動もせずにこの繰り返しですから、太らないわけがないのです……。しかし、ある瞬間まで、それがおかしいとは思っていませんでした。意識が変わるきっかけになったのは、ある人物の一言でした。

 「痩せたい痩せたいとか言いながらさ、本当は全然痩せる気ないでしょ。だいたいそれ(目の前の食事)を見て、食べる前から満足できないって思ってる時点でおかしいよね」

 えっ? おかしいの!?

 あとでお腹空いたらいやだなとか思わないの?

 はじめて人と違う感覚で食べていたことに気づかされました。

 そんなわけで、本当は食べる量を減らしたいという方に、自分がたどり着いた食べ過ぎを防ぐコツをご紹介します。こう食べれば痩せるというのではないのですが、食べ過ぎている方は、結果的に減量につながる可能性もあるかもしれません。さらに思わぬメリットも?

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる