連載
» 2014年11月10日 08時00分 公開

第3回 「Google Glass」は何に使えるか“ウェアラブル”の今(1/2 ページ)

ウェアラブルデバイスというと、まず思い浮かぶのは腕に付けるタイプだが、もう1つ重要視されているのがメガネ型のデバイス。その最も進んだ形といえるのが「Google Glass」だ。

[松村太郎,ITmedia]
Google Glass Google Glass

 「Google Glass」は、ウェアラブルデバイス時代を告げる象徴的なデバイスとして、Googleが披露したメガネ型のデバイスだ。

 2013年2月からエントリーの受け付けを始め、当初は非常に限られた人のみに、しかも開発者版として、1500ドル(約17万円)という高い価格で販売された。現在は、米国において、Googleの有料サービスに登録しているユーザーであれば、同じ価格で購入できる。

Google Glass 当初は用意されていなかったレンズ装着用のフレームが用意され、度入りのレンズを入れることで、メガネが必要な人にもGoogle Glassが利用できるようになった

ウェアラブルデバイスの「パターン」を示したGoogle Glass

 Google Glassそのものは、現在もまだエクスプローラープログラムの最中であり、一般向けの販売や、開発者版の価格よりも安く提供するという方針はまだ実現されていない。しかし、ウェアラブルデバイスとはなにか、その機能のパターンはどういうものか、という点を定義し、手に取ることが出来るようにした点で、非常に意味があるデバイスだ。

 Google Glassは、メガネの右側のフレームに、バッテリーと、デュアルコアプロセッサと16Gバイトのストレージ領域を備えた本体、カメラ、そしてプロジェクターが装着され、右目の前のプリズムで、640×480ピクセルの解像度を持つプロジェクターの光を目に届ける仕組みだ。本体部分は前後のスワイプとタップに対応し、1本指・2本指を認識するタッチセンサーとなっているほか、音声での入力に対応する。

 BluetoothとWi-Fiを搭載しており、スマートフォンと組み合わせて使用する。ネットワークやGPSの位置情報は、スマートフォンと接続したAndroidデバイスやiOSデバイス(iOSについては機能制限あり)から取得する。AndroidとiOS向けにGlassアプリが用意されており、これをインストールしてGlassそのものの操作を補う。

 また、Glasswareと呼ばれるアプリを導入することができる。Google系のサービスに加えて、TwitterやFacebook、Evernoteといった、スマートフォンやタブレットと同じアプリがすでに開発されており、画面を分割せず1画面1つの情報を表示するカードのようなインタフェースをめくって情報を見るトーンが用意された。

Google Glass Google Glassで映し出される画面
Google Glass 視界に画面が表示されている様子を再現するとこんな感じになる。ちょうど、視界の右上方1.5メートル先に、25型のディスプレイが「常に」置かれているような状態だ

 前述の簡単なタッチ操作と音声入力での操作や、スマートフォンからネットワーク接続を得る点、アプリの追加、1画面に1つの情報を表示するといった、Google Glassを実際に利用する仕組みは、現在のウェアラブルデバイスの1つのパターンとなっている。

 例えば、本連載で前回触れたApple Watchも、iPhoneと組み合わせて使用するのが前提だ。タッチ操作とデジタルクラウンによる簡単なインタフェースを音声入力と組み合わせる。また、アプリを追加したり、ネットワークやGPS情報をスマートフォンから取得する点も共通している。

Google Glassの購入体験

Google Glass サンフランシスコ市内にあるGoogle Glassの拠点

 筆者が米国でGoogle Glassを使い始めたのは、2013年11月、ちょうど1年前のことだ。サンフランシスコにはGoogle Glassを扱うラウンジが用意され、予約していき、カウンターで名前を告げると、ふかふかのソファに案内されて、ビールやソーダなどの飲み物が出される。

 ほどなく担当社が呼びに来てくれて、コンクリート打ちっ放し、タイルやカーペットをはがしたような床に、鏡とChromebookが備え付けられたApple Storeにありそうなテーブルがいくつも並んだ空間で、1to1で接客を受けた。顔へのフィッティングに加えて、初期設定、そして簡単な操作方法の確認が行われる。

Google Glass 購入者が受け取って設定ができるスペースだが、クールなメガネブティックのような室内になっていた

 確かに1500ドルという価格を考えれば、こうした接客もやった方がいい、という判断だろうか。たとえ開発者向けだとしても、Google Glassを正しく、またクールに使ってほしい、という意味合いもあったのかもしれない。

 Apple Watchの価格は、発表会では349ドルからとしていたが、ステンレスモデルは400〜500ドル、18金のモデルは4000ドル〜5000ドルになるという報道もある。Google Glassはラウンジを用意したが、おそらくAppleはApple Storeで、こうした接客を強化することになるかもしれない。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2108/03/news132.jpg 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  2. /nl/articles/2108/03/news016.jpg 柴犬「ぬれるのイヤ〜!!」→その後の行動に爆笑 飼い主のズボンでゴシゴシ顔をふくワンコが面白かわいい
  3. /nl/articles/2108/03/news073.jpg 「四千頭身」石橋、体操銅メダルの村上茉愛とは“かなり仲良い友達” 「結構前の写真」投稿も別箇所に注目集まる
  4. /nl/articles/2108/02/news119.jpg タクシー相手に「あおり運転」繰り広げたミニバン 巻き込まれて急停止したトラックから泥化した土砂がドシャアと降り注いで破壊される
  5. /nl/articles/2108/03/news029.jpg もしや女として見られていない? 突然の別れ話に「勝負メイク」で抵抗する漫画 彼氏の言葉がじんと響く
  6. /nl/articles/2107/09/news134.jpg 「全ての支出を一度見直してみました」 小倉優子、“食費15万円”の反響を受けて節約生活スタート
  7. /nl/articles/2108/03/news007.jpg 暑い日、ミツバチご一行が手水舎に訪れ…… 専用水飲み処を作った神社の対応に「素敵」「優しいお宮さん」の声
  8. /nl/articles/2108/02/news111.jpg 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  9. /nl/articles/2108/02/news038.jpg 「実は私…人の心が読めるの」クラスメイトから突然の告白、その真意は? 全部バレちゃう漫画がキュンとなる
  10. /nl/articles/2108/03/news102.jpg 小倉優子、週刊誌報道に「当たり前ですが、私の働いたお金で生活しています」 7月に月の食費「15万円」と公表

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する