まとめ
» 2015年01月26日 11時00分 公開

一段上の走りへ――プロが選ぶ最新ランニングシューズ6選(2月編)MONOHOLIC!

シューズにウエアにウォッチにサングラス。月刊「ランニング・スタイル」編集部が選ぶ最新ランアイテムを今月もお届けしよう。

[ランニング・スタイル編集部,ITmedia]
ランニング・スタイル

『ランニング・スタイル』2015年3月号 Vol.72(エイ出版社)

 月刊『ランニング・スタイル』編集部が選ぶランアイテムを紹介していく本連載。今月おすすめの「最新ランニングシューズ6選」をどうぞ。


adizero takumi sen boost(adidas)

BOOSTフォーム搭載の新レーシングモデル

 「衝撃吸収性」と「反発性」という相反する機能を両立させたミッドソール素材「BOOSTフォーム」。アディダスによるシューズでは、もはや代名詞にもなりつつあるこの素材が、シリアスランナー向けのモデル「adizero takumi sen」にもついに搭載。「adizero takumi sen boost」として刷新された。さらに高い推進力・安定性・スピーディーな走りを実現した注目モデルだ。

(左)ミッドソールには、「高反発性能」を誇る「BOOSTフォーム」を小指の付け根から、前足部に搭載(右)アッパーには、マイクロフィットラストを採用。中央には、新たな補強パーツを加え、ホールド性能が向上

adizero takumi sen boost(adidas)

価格    :¥16,500(税抜)

サイズ   :ユニセックス:22.0〜30.0センチ

カラー   :4色

発売    :1月28日

問い合わせ :アディダスグループお客様窓口 0570-033-033


Faas 500 v4/Faas 300 S V2(PUMA)

好みの走りで履きわけたい2ラインナップが登場

 「PUMA Faas 500 v4」は、距離走、ペース走、スピードトレーニングなど、デイリー使いできるトレーニングシューズ。ワンピースのミッドソールを採用し、着地から蹴り出しへの移行がスムースで気持ちの良い走りをサポートする。「PUMA Faas300 S V2」は、高強度のトレーニングにも対応したスタビリティモデル。どちらも、通気性を確保しながら補強材としての機能をもつ新素材「ウェーブメッシュ」を、アッパーに採用。

(左)「エバートラック+」を備え、軽量ながらも耐摩耗性を実現(右)補強材としての機能と、通気性を確保する機能を兼ね備えた「ウェーブメッシュ」がアッパーに使われている

Faas 500 v4(PUMA)

価格    :¥11,500(税抜)

サイズ   :メンズ25.0〜29.0、30.0、31.0センチ/ウィメンズ22.5〜25.5センチ

カラー   :2色

発売    :1月下旬

Faas 300 S V2(PUMA)

価格    :\10,500(税抜)

サイズ   :メンズ25.0〜29.0、30.0、31.0センチ/ウィメンズ:22.5〜25.5センチ

カラー   :2色

発売    :1月下旬

問い合わせ :プーマ お客様サービス 0120-125-150


NB FRESH FOAM BORACAY(New Balance)

安定感を保ちながらナチュラルな走りを

 スピードに乗りやすい構造で、ナチュラルな走りを実現した「FRESH FOAM」シリーズに、新モデルが登場。ドロップ(カカトから前足部までの高低差)を4ミリに設定することで、裸足感覚の履き心地を実現したナチュラルランニングモデルだ。路面状況をダイレクトに感じられるので、普段のジョグやトレーニングなど幅広く使える逸品。世界的に有名なリゾート地、フィリピンのボラカイ島をイメージしたネーミングもユニーク。

(左)ボトムゲージを広く、サイドウォールを高くし、走行時に高い安定感を発揮(右)着脱しやすいよう、ストレッチタンを採用し、シューレースを改良

NB FRESH FOAM BORACAY(New Balance)

価格    :¥10000(税抜)

サイズ   :メンズ:25.0〜29.0センチ/ウィメンズ22.0〜25.5センチ

カラー   :メンズ4色、ウィメンズ3色

発売    :2月

問い合わせ :ニューバランス ジャパンお客様相談室 0120-85-0997


ROAD-X-TREME250/ROAD-X-TREME220(INOV-8)

スムースなライド感がビギナーにうれしい

 トレイルランニングシューズの開発で培われたサイドサポートが特徴的なロード用シューズ、「ROAD-X-TREME250」、「ROAD-X-TREME220」。ともに、足底筋の動きに連動することで蹴り上がりをスムースにする「ダイナミック・フェイシア・バンド」をアウトソール内部に採用。グリップ性もあり、ビギナーランナーにも安心の一足だ。また、つま先部分はゆったりとした履き心地で、快適な走りをサポートしてくれる。

(左)「ダイナミック・フェイシア・バンド」システムが走行をサポート(右)アウトソールつまさき部のラグが、グリップ力を発揮

ROAD-X-TREME250(INOV-8)

価格    :¥12,000(税抜)

サイズ   :ユニセックス:23.0〜30.0 センチ

カラー   :1色

ROAD-X-TREME220(INOV-8)

価格    :¥12,000(税抜)

サイズ   :ユニセックス:23.0〜30.0 センチ

カラー   :1色

問い合わせ :デサント お客様相談室 0120-46-0310


TOUCY(le coq sportif)

女性ランナーにうれしいやわらか&華やかな一足

 軽量性、クッション性を考慮したレディースランニングシューズ。明るく華やかなカラーが印象的なデザインには、ルコックスポルティフのパーマネントモチーフであるドット柄が採用されており、ラン中も気分を盛り上げてくれそうだ。機能性にも優れ、足全体を包み込むサポート材を内装、ヒール部には衝撃緩衝材「フォルメル」を搭載していることから、なめらかな走行感を実現してくれる。

アウトソールに施されたラバーの凸凹は、グリップ力をもたらす

TOUCY(le coq sportif)

価格    :\9,500(税抜)

サイズ   :22.5〜25.0センチ

カラー   :3色

問い合わせ :ルコックスポルティフ原宿店 03-6418-0588


Clifton 30609031SFBL(HOKA ONE ONE)

走りには安定感が大切! そんなランナーに

 トレイルランニングシューズで広く知られるブランド「HOKA ONE ONE」のロードモデルから、最新カラーがリリース。ラインナップ中、最軽量モデルとなり、着地から蹴り出しまでの自然な推進力を生む設計だ。薄めのミッドソールと、アッパーの柔らかさが、「足が自然と前に出る」ような、安定した走行を可能に。ビギナーから、シリアスランナーまで幅広いランナーに対応したナチュラルランニングシューズだ。

(左)ヒールの上部から中部にかけてはホールド感を重視したデザインが反映されている(右)アッパーからミッドソールにかけて中足部が一体になっており、走行時の突き上げ感をやわらげる

Clifton 30609031SFBL(HOKA ONE ONE)

価格    :\15,000(税抜)

サイズ   :メンズ:25.0〜29.0センチ/ウィメンズ22.0〜25.5センチ

カラー   :メンズ2色、ウィメンズ2色

発売    :2月中旬

問い合わせ :サンウエスト 03-3544-2751


おまけ:手ぶらで走りたいなら――「本当に揺れない」ボトルホルダー

 「本当に揺れない」とランナーたちから評価されるボトルポーチ「YURENIKUI(ユレニクイ)」。ボトルホルダーの横にはメッシュ素材のポケットを備え、小さいペットボトルやスマホなどが入れられる造りになっている。大阪のランニングショップ「ラン・ウォークスタイル」と「ランニング・スタイル」がコラボした2015年モデルは、「トリコロール」「ブラック×オレンジ」「ブラック×グレー」の3カラーで展開中だ。

copyright © Ei Publishing Co., Ltd All rights reserved

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」