ニュース
» 2011年07月27日 13時07分 UPDATE

「違法コピー助長サイトに赤信号マークを」 英権利者団体が提案

セキュリティソフトが危険なサイトに赤いマークをつけるのと同じように、違法コンテンツを配信するサイトにも赤信号マークをつけることを英権利者団体が提案している。

[ITmedia]

 Web検索結果ページで、著作権侵害を助長しているWebサイトに赤信号マークを表示する――英国の権利者団体がこんな計画を提案している。

ah_red.jpg 著作権侵害助長サイトに赤信号をつける案

 現在出回っているセキュリティソフトの多くは、検索結果ページにWebサイトの安全度を示すマークを表示する機能を備えている。例えば、安全なサイトへのリンクの横には緑のマークが表示され、危険なサイトには赤いマークがつくといったように。英国の作曲者や音楽出版社などを代表する団体PRS for Musicは、この機能を拡張して、著作権の問題があるサイトにマークをつけることを提案している。

 「無許可でコンテンツを配信しているサイトが検索結果の上位に来ることはよくあり、これらのサイトには、セキュリティソフトでは緑のマークがついている」と同団体は指摘し、オンラインでコンテンツを探しているユーザーが、合法なサイトと違法なサイトの区別をつけづらいと述べている。

 同団体の案では、「有罪と証明されるまでは無実」との原則で、デフォルトではすべてのサイトに緑のチェックマークをつける。権利者からのコンテンツ削除要請を繰り返し無視したサイトには、赤信号マークをつけ、ユーザーがそのサイトにアクセスしようとすると「このサイトは無許可のコンテンツにリンクしている」という警告文を表示する。

 このシステムを運営するため、サイトがコンテンツ削除要請を無視した回数をカウントして、いつ赤信号マークをつけるかを決める枠組みも考えているという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう