ニュース
» 2017年06月01日 20時50分 UPDATE

お台場に日本初の3面スクリーン ユナイテッド・シネマが270度の画面で映画を楽しめる「ScreenX」を7月導入

オープニング作品は「パイレーツ・オブ・カリビアン」の新作です。

[宮原れい,ねとらぼ]

 東京都港区にある映画館「ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場」に7月1日、日本初となる3面マルチ上映システム「ScreenX」が導入されることが発表されました。


ユナイテッド・シネマ 3面 スクリーン 映画館 導入 ScreenX 超ワイドスクリーンで映画を楽しめます

 「ScreenX」は韓国のCJ CGV社が開発した、正面スクリーンにプラスして左右側面(壁面)にも映像が写し出される次世代型映画上映システム。2015年に韓国で導入後、アメリカや中国をはじめ世界各国100以上のシアターで導入されています。

 観客は270度の視界で映画を観賞でき、これまでにない一体感や臨場感を味わえるとしています。なお同システムでの上映では、シーンによって正面のみに映像が投影されるパターンと両側面に映像が投影されるパターンがあるとのこと。


ユナイテッド・シネマ 3面 スクリーン 映画館 導入 ScreenX 左右に広がる映像で高まる没入感

 オープニング作品として、同日より日本で公開される「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」で初導入され上映されます。価格は通常料金にプラス700円(税込)で、日時座席指定券は6月28日の深夜0時から劇場サイトと、オープン時間からは劇場窓口でも販売を開始します。


ユナイテッド・シネマ 3面 スクリーン 映画館 導入 ScreenX ジャック・スパロウの活躍をワイドスクリーンで!

(宮原れい)

関連キーワード

映画 | 映画館 | 日本 | お台場


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう