ニュース
» 2017年08月21日 13時49分 UPDATE

それ食べちゃうんだ!? キャベツをむしゃむしゃするウニが「まっくろくろすけ」みたいで萌えそう

ウニさん、食いしん坊だったのね。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 神奈川県の水族館で撮影されたキャベツを食べるウニの姿が、「こんなに躍動感あふれるウニは初めて見た」「むしゃむしゃ」と話題になっています。


キャベツを食べるウニ もう! ウニさんってば、食いしん坊なんだから!


キャベツを食べるウニ 食事は静かにしたい派なのかな?

 投稿者によれば、この写真は京急油壺マリンパークで撮影されたもの。キャベツに群がったウニたちが、トゲだらけの体の一部でキャベツをくわえています。あ、真っ黒で分かりにくいけど、ウニさんの口ってそこにあったんですね。

 普段は見ることがないウニのアクティブな食事シーンに、Twitter上では「キャベツ食べるのか」「陸の食べ物でも大丈夫なんだ」などの反応が。海中で出会うチャンスはほとんど無いであろう新鮮なキャベツを、おいしそうに食べる姿に驚きの声が続出しています。また、そんな意外な一面に「『まっくろくろすけ』っぽい」「なんかかわいい」とキュンキュンしてしまう人も現れており、「ウニ萌え」という新たなジャンルが爆誕しているもよう。

 実は、ウニは雑食性の生物で、そのエサの幅広さは「なんでも食べる」と評されるほど。羅臼漁業協同組合のWebサイトには「(飼育している水槽に)冗談でバナナを入れたところ」、きれいに平らげてしまったというエピソードが掲載されています。

 今年4月、そのような性質を利用したムラサキウニの養殖技術の開発が、京急油壺マリンパークらにより行われることが発表されました。同水族館がある三浦半島はキャベツの名産地なのですが、出荷できない割れたキャベツの処理が問題に。それをウニに食べてもらうことで、有効活用しようというわけです。ちなみに、6月末に開催された試食会のレポートによると、キャベツで育てたウニは苦味や磯臭さが弱く、「マイルドな旨味と甘味」のある「上品な味」だったとのこと。

画像提供:カワウソの赤ちゃんさん(@rami_zoni

マッハ・キショ松

関連キーワード

水族館 | かわいい | 食事 | 萌え | 撮影


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう