ニュース
» 2017年10月21日 13時04分 UPDATE

台風21号 首都圏は日曜夜から暴風域

台風21号の進路はだいぶ定まり、日曜夜から月曜に首都圏直撃の恐れ。日曜は雨・風強まり、夜遅くには暴風域に入る所も。月曜の未明には首都圏の広い範囲で暴風が吹き荒れるでしょう。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp
台風21号 台風21号の雲(午前11時現在)

台風の進路は

 きょう21日(土)午前11時現在、台風21号は超大型で非常に強い勢力(※)を保っています。台風の進路は、きのうまでの予想よりだいぶ定まってきました。22日(日)夜遅くから23日(月)朝までに、近畿から東海、関東のいずれかの地方に上陸する恐れがあります。非常に強い勢力を保ったまま、首都圏にかなり接近すると見られ、大荒れの天気が予想されます。

※「超大型」とは、風速15メートル以上の強風域の半径が800キロ以上の台風、「強い」とは、最大風速が33メートル以上、44メートル未満の台風のことです。

台風21号 21日午前11時45分発表

雨や風の強さは

 首都圏では22日(日)の朝からバケツをひっくり返したように激しい雨の降る所があるでしょう。昼頃からは雨や風がいっそう強まります。局地的には、傘が全く役に立たないくらいの滝のような雨が降る見込みです。横なぐりの雨となる所もあり、沿岸部では転倒するほど強い風が吹くでしょう。早い所では、夜遅い時間に台風の暴風域に入り、23日(月)に日付が替わる頃から朝にかけては首都圏の広い範囲で暴風が吹き荒れるでしょう。23日(月)の昼頃にかけて大荒れの天気となり、屋外での活動は危険なくらいです。交通機関の乱れも考えられますので、不要不急の外出は控えましょう。

関連リンク

Copyright (C) 2018 日本気象協会 All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう