ニュース
» 2017年12月17日 13時00分 公開

カモメがカメラを持っていったら……絶景が撮れました!?

一流のカメラマンです。

[かのん,ねとらぼ]

 盗まれたカメラに写っていたのは、素晴らしい風景でした……意外な撮影者の撮った映像を、ウェアラブルカメラブランドのGoProがYouTubeチャンネルに投稿しています。

 ノルウェーの海岸でKjell Robertsenさんが、家のデッキの柵の上にカメラを置き、その近くにパンを置いてカモメを引き寄せ撮影していました。そこに1羽のカモメがヒラリと舞い降り、パクパクとパンを食べ始めます。作戦成功です。そのカモメが去り、また違うカモメが来てパンをパクパク。しかし食べ終わったカモメは、自分の近くにあるカメラに気づいて近づいてきました。

カモメ ん? なんだこれ?

 カモメがくちばしでガンっとカメラをつついたかと思うと、カメラをくわえてそのままバサっと羽を広げて飛び立ってしまいました。

 飛んでいるカモメがくわえたカメラは撮影を続けており、ぐんぐん地上が遠ざかり、家々が並ぶ街から離れ、草原や岩山の美しい風景が映し出されます。カモメが飛ぶスピードを感じられる、臨場感あふれる映像です。カモメにそんなつもりはないでしょうが、まるでドローンで撮影したよう。

カモメ おお、絶景!

 やがて映像がぐるぐると回り、落ち着いたかと思うと空から地上へ降りてくるカモメの姿が。撮影飛行に飽きたのかカメラを地面に落としたようです。そしてこれは何なのかと疑問をぶつけるように、カモメはカメラをコンコンとくちばしでつつきはじめました。

カモメ コン!(カメラが無事で良かった……)

 このカメラは5カ月後にKjell Robertsenさんが発見し、素晴らしい映像を確認できたそうです。カメラが盗まれたのは不運かと思われましたが、こんなきれいな映像が残っていたのであれば、ラッキーな出来事だったのではないでしょうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう