ニュース
» 2018年06月10日 15時00分 公開

モバクソ畑でつかまえて:わずか29時間で配信停止に 「画太郎ババァタワーバトル」は何がダメだったのか

他の“そっくりゲーム”とは何が違っていた?

[怪しい隣人,ねとらぼ]

 「どうぶつタワーバトル」との類似が指摘され、リリースからわずか1日で配信終了となった、スマートフォン用アプリ「画太郎ババァタワーバトル」関連記事)。漫☆画太郎「星の王子さま」2巻発売にちなんでリリースされたアプリでしたが、結果としては、せっかくの単行本発売に水を差す形となってしまいました。


ババァタワーバトル 「画太郎ババァタワーバトル」(左)と「どうぶつタワーバトル」(右)

 しかし、確かに「画太郎ババァタワーバトル」と「どうぶつタワーバトル」はよく似ていましたが、何かヒットしたら似たゲームが次々リリースされるのはゲーム業界では昔からよくあること。あえて名前は挙げませんが、これよりもっとそっくりなのに平然とサービスを続けているゲームは山ほどあります。そんな中で、「画太郎ババァタワーバトル」の“配信停止”というのはかなり異例の決断であり、まだ同時に、それだけ批判の声が大きかったとも言えます。

 ではなぜ「画太郎ババァタワーバトル」はここまでの批判を招いたのか。他の“そっくりゲーム”とは何が違っていたのか。モバクソゲーサークル「それいゆ」発起人であり、スマホゲームのサービス終了に詳しい「怪しい隣人」@BlackHandMaiden)さんに振り返ってもらいました。


ライター:怪しい隣人

モバクソ畑でつかまえて

出来の良くないソーシャルゲームを勝手に「モバクソゲー」と名付けて収集、記録、紹介しています。モバクソ死亡リストは500件を超えました。年々ソーシャルゲームが複雑になり、ダメさを判定するのに時間がかかるのが最近の悩みです。本業はインフラエンジニア。そのためソーシャルゲームの臨時メンテは祭り半分胃痛半分な気分です。



実はよくできていたババァタワーバトル

 集英社は6月5日、スマートフォン向けアプリ「画太郎ババァタワーバトル」の配信を中止しました(関連記事)。配信の停止は5日の18時あたりとのことで、仮に6月4日13時にリリースされたと考えると、配信から停止まで29時間。残念ながら「カオスサーガ」の26時間30分にはかないませんが、アプリではダントツ1位の高速終了。久々にソーシャルゲーム死亡日ファステストラップへの挑戦者が現れたことをうれしく思います。なお、先日取り上げた「機動少女」ですらサービス開始から終了まで51日と結構粘っており、1日ちょっとでの終了がどれくらい異常かはご理解いただけるかと思います。


ババァタワーバトル モバクソ死亡リストファステストラップベスト10(2018年6月9日時点)

 そんなババァタワーバトルですが、ゲームとしての出来はどうだったのか。これについては「結構よくできていた」と思っています。ババァを積み上げてまとめて処分しようという目的のもと、さまざまな形のババァを積み上げて行く。名前の通り「どうぶつタワーバトル」によく似たゲームです。


ババァタワーバトル ババァが増え過ぎてしまった日本

ババァタワーバトル ババァを積んでふっとばして処分しよう! というのが目的

 大きな違いはデッキが組めることとガチャからババァが出てくること。「どうぶつタワーバトル」でいうなら、インドゾウとアフリカゾウばかり落ちてくるように設定できるが、インドゾウとアフリカゾウは課金ガチャから0.05%の確率で出てくる。そんなゲームです。しかもその上で通信対戦もできる。ただ「ババァを積むだけ」ならここまでやる必要はないんじゃないかという凝りようです。


ババァタワーバトル ババァ編成画面

ババァタワーバトル どうぶつタワーバトル的な崖引っかけもできる

 残念な部分はこれと言って思い付かなかった……というよりは思い付くほどプレイさせてもらえなかったのですが、ババァに軟膏を塗り込むというガチャは大変理解しにくいものでした。尻を菊の花で隠したババァが「軟膏を奥まで塗り込め」と言うのですが、これ全身をこするように指を動かさないといけないのです。アイデア先行で実際にプレイする人がつらいと思わなかったのか、とは思うところでした。


ババァタワーバトル 有料ガチャから出てくるババァ

ババァタワーバトル 奥までといわれると菊の奥を想像してしまう

なぜ「画太郎がまたやった!」と受け入れられなかったのか

 それらのダメな部分も含め、筆者もできれば「これは久々にいいモバクソゲーが来た!」と笑いの種にしたかったのです。ですが、どうぶつタワーバトル作者の発言を見てそうは思えなくなりました



 ネットの意見も、これ以降作者への同情と、集英社への怒りへの表明が目立ち始めたように思えます。一方、ゲームではアイデアの流用はよくあることだという意見もありました。プログラムや画像のコピーは論外ですが、ヒットしたゲームのフォロワーがたくさん現れることはよくあることです(※)。3つの属性に分かれてカードを収集して戦うゲームをどれくらいの数プレイされたか、皆さんは覚えているでしょうか?

※編注:ゲームのルールやシステム、アイデアなどは著作権で保護されないというのがこれまでの判例。直近では「釣り★スタ」と「釣りゲータウン」の類似を巡ってグリーがディー・エヌ・エーら2社を訴えていましたが、最終的にはグリー側の敗訴に終わっています(関連記事


 もちろん、そのままアイデアを流用するだけではなく、1つのゲームのアイデアに何か新要素を加え、新たなゲームとして世に問うている作品は多くあります。ババァタワーバトルもまた、「デッキが組めるどうぶつタワーバトル」といえる作品であり、1つのアイデアを元に発展させようとしていた意図は十分に感じられました。その上で「無課金でプレイする貧乏人は死ね!」というメッセージが画面全体に登場したりとファンを喜ばせる演出も十分盛り込まれていました。


ババァタワーバトル 無課金でプレイする貧乏人は

ババァタワーバトル 死ねー!

 それが、なぜ過去のように「画太郎がまたやった!」と受け入れられなかったのでしょうか。

 過去の一例ですが、画太郎先生の『珍ピース』という作品があります(関連記事。3ページだけ書かれて打ち切りというこの漫画の悪ノリっぷり。当時大変笑わせていただいた記憶があります。ババァタワーバトルもこの漫画と同じように「画太郎先生の暴走」として受け入れてもらえると、集英社側としては判断していたのではないでしょうか。

 ですが、珍ピースはジャンプという枠の中での暴走です。編集部内での打ち合わせや調整も容易でしょう。ですが、今回どうぶつタワーバトル側への調整などは一切なく、ババァタワーバトルはリリースされたように思います。それ故に世間は今回の一件を管理されたショーではなく、無軌道で無法なものと判断したのでしょう。


ババァタワーバトル わずか3ページで打ち切りとなった『珍ピース』(画像は編集部撮影)

 もちろん多くのアイデア流用されたゲームも、アイデアの流用について事前に相談があったわけではありません。では、なぜババァタワーバトルはユーザーの反発を受けたのでしょうか。ババァタワーバトルは、どうぶつタワーバトルのパロディーであり、またリスペクトを込めた作品として受け入れられるべきでした。パロディーにせよリスペクトにせよ、本家の作品への称賛、尊敬の念があり、かつ元ネタを知っている人が不快にならない表現であることが重要です。

 ですが本作は事前に作者氏への了承もなかったことで、ユーザーの感情を損ねてしまいました。プロモ目的なのに、負の感情を煽ってしまっては完全に本末転倒です。炎上商法といわれてもおかしくはありません。ここでババァタワーバトルはパロディー、リスペクトではなく「パクリ」とユーザーに見られてしまいました。作者に話を通していない時点で、元ネタであることがバレては困る。あるいはバレても大丈夫だろうと考えている。敬意なきパロディーは、作者やファンに対する敵対行動と紙一重、という認識がババァタワーバトル側に不足していたのでしょう。

 結果的に「敬意と配慮に欠けた内容だった」と配信中止にした編集部の対応は正しいと思います。ですが、これで全てがなかったことになってしまうのはあまりにもったいない。ババァタワーバトルを作った人たちもまた、自分たちの作品が無に返ってしまうのは悲しいでしょう。中止ではなく、相互に話し合った上で何らかの形でババァタワーバトルを再度世に問うことができればよかったのですが。

 もしも再びこのようなトラブルが起きたとき「文句が出たら全部なかったことにしてお詫びをしておしまい」という例が続かないよう、各位には調整をお願いしたいです。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう