ニンテンドーDS 「パックピクス」 ナムコ 

次世代ワールドホビーフェアでもプレイアブルだった「パックピクス」をご紹介。君も触ってみた?

» 2005年01月28日 13時00分 公開
[ITmedia]

 「パックピクス」は現在、各地で順次開催されている次世代ワールドホビーフェアに出展されており、手に取って遊んだ方も多いと思う。やってみた感想として一様に思うのは、「簡単」という点である。

 遊び方は以下のとおりだ。プレイヤーは画面上に一定の描き順でパックマンの形状を描き、矢印や線などで自らが生み出したパックマンを操り、画面上に居るゴーストを食べる……それだけ! うん、簡単!

DS開発担当者も唸った新機軸

 「パックピクス」は自分で描いた絵が動き出し、それがあまりにも簡単にできるという点が秀逸。多少の下手な絵でもパックマンは元気にゴーストを食べに行ってくれる。

 先日、東京で行われた次世代ワールドホビーフェアの会場にて、任天堂の方と話す機会があったが、任天堂の開発者達ですらこの遊び方は驚いたのだという。開発者さえ想定外とは大げさな言い方だが、この絵本のようなどこまでもほのぼのとした「パックピクス」は、すごいことをやってしまっているのだ。

ゲームの中身はこんな感じ

 まずは簡単にゲームの流れを説明しよう。

DSのタッチパネルにタッチペンでパックマンっぽいものを描いていく。この辺がアバウトでいいところなのだが、多少線が歪んでも、線と線が最後つながらなくてもあなただけの「パックマン」は誕生する。そしてゴースト口のある方向へと進んでいく
もちろんこのままでは画面からロストしてしまうので、うまく操作してあげなくてはならない。ゴーストの方向へと誘導するためには壁を出現させてやるのがいい。こうして進む方向に壁を描くと、その壁に触れた瞬間、線を引いた方向にパックマンは誘導されていく
上画面にはアイテムロードという場所が設定されている。このロードにアイテムが出現すると上下の境目あたりのアイテムロード入口に「GO!」の表示が。ここにうまくパックマンを誘導して通過させると、アイテムゲット!
パックマンは複数描ける。だから挟み撃ちなんてこともできるし、作戦次第ではずいぶん楽もできる。しかし、気を緩めると次々とパックマンは画面の向こう側へ……
たくさんのパックマンが描けるのだから大きなパックマンだって描ける。これで一気にいただきます! といきたいところだが、大きい分、動きものろい。しかし、うまくやるとまるで追い込み漁にかかる魚のようにパックマンの口の中へ。ちなみ同一のパックマンが連続してゴーストを食べると得点が倍々になっていく
敵も黙ってはいない。ボスが上画面から来襲。さらに大きくなって再登場すると今までのパックマンでは食べきれないほどに。こうなりゃ大きさ勝負だ
こんなシチュエーションも楽しい。上画面を泡に入ったゴーストが浮遊。それを矢で打ち落とすのだ。例によって矢に見えなくもない矢を描くと、完成と同時に上へと飛んでいく。
矢が当たると泡が割れ、ゴーストはあわれ落ちてくる。こっちの画面に入ってくればしめたもの。パックマンを描き出現させ食べてしまえばいい。場合によっては矢が跳ね返り、横からゴーストに直撃なんてことも!

ストーリー(ひらがなばかりでお送りします)

 どこかのイタズラ好きな魔法使いがつくった<ゴーストインク>。このインクで描いたものは みんな<ゴースト>になってしまう。ゴーストインクからうまれたゴーストたちは ねっからのイタズラもの。ゴーストたちは 絵の中や本の中にはいってはイタズラのしほうだい。もう、世界中は大混乱。

 こまっているみんなをみすごせないわれらがヒーロー<パックマン>! 彼は 絵や 本の中のゴーストをたおすことができる唯一の武器<まほうのペン>を使ってゴースト退治をはじめました。さすがはパックマン! 彼は、まほうのペンのちからですべてのゴーストたちを 一冊の本の中にとじこめました。あとはゴーストたちをもとのゴーストインクにもどしてしまえば一件落着……だったのですが! さいごのさいごでゴーストたちはだいぎゃくしゅう! ゆだんしていたパックマンをその<呪い>の力でカミキレに閉じ込めてしまったのです。こうなってはパックマンはもう手も足も出ません。ほおっておくとゴーストたちはいつ本から飛び出してまたイタズラをはじめることか……。

 そんな時この本を開いたのはプレーヤーである<あなた>でした。あなたはパックマンの意志をついで本の中のゴーストを元のインクに戻すための協力を決意します。はたして<あなた>すべてのゴーストたちをたおすことができるのでしょうか?

彼らがゴーストたち。可愛いが油断してはならない!!
パックピクス
対応機種ニンテンドーDS
メーカーナムコ
ジャンル手描きアクション
発売日2005年3月10日発売予定
価格5040円(税込)
人数1人
© 1980 2004 NAMCO LTD.,ALL RIGHTS RESERVED.
画面は開発中のものです


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/18/news031.jpg プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. /nl/articles/2407/20/news004.jpg 大好きなパパと10日ぶりに再会したブタさん、感情が爆発し…… 涙を誘うお出迎えに「こっちまでウルっと」「愛情表現が豊か」
  3. /nl/articles/2407/20/news074.jpg もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  4. /nl/articles/2407/19/news026.jpg 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  5. /nl/articles/2407/20/news001.jpg しつこい雑草“ドクダミ”対策に、あの土を使ったら…… 効果歴然のビフォーアフターが130万再生「そんな弱点があったとは」「感動する」
  6. /nl/articles/2407/19/news021.jpg 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
  7. /nl/articles/2407/20/news037.jpg これは思わず笑う! お母さんから返信が来たと思ったら…… まさかの“LINEスタンプの活用法”に「めっちゃいい!!」「これやりたい」
  8. /nl/articles/2407/20/news053.jpg 「ポストに新紙幣入ってた」 一部で目撃例続出→“まさかの正体”に「これかよ」「新札かと……」
  9. /nl/articles/2407/18/news149.jpg アンパンマンの食パンを切ったら…… まさかの中身に「怖い」「うわぁぁぁ!!」など恐怖の声 パンアーティストに制作意図を聞いた
  10. /nl/articles/2401/26/news015.jpg スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」