ナムコ・カプコン 200以上のキャラが夢の共演!「NAMCO×CAPCOM」

ナムコは同社のおよびカプコンのキャラクタが200以上も登場するプレイステーション2用シミュレーションRPG「NAMCO×CAPCOM」(ナムコ クロス カプコン)を制作発表会を開催した。シオンやKOS-MOS、リュウ・ケンまで人気キャラが勢ぞろいだ!

» 2005年01月28日 20時03分 公開
[渡邊宏,ITmedia]

 1月28日、ナムコは同社のおよびカプコンのキャラクターが200以上も登場するプレイステーション2用シミュレーションRPG「NAMCO×CAPCOM」(ナムコ クロス カプコン)の制作発表会を開催した。制作は順調だそうで、5月には発売される予定。

まずはストーリー

 20XX年、突如として世界各地に時空の“ゆらぎ”が発現し、多くの都市が“閉鎖都市指定”のもと厳重な警戒態勢におかれた。日本・渋谷もその指定を受ける。超常現象に対処すべく設立された政府機関「森羅」に所属する主人公・有栖零児(ありすれいじ)と、小牟(シャオムゥ)はある任務を帯びて渋谷を訪れる。

photo 主人公の有栖零児(ありすれいじ)と、小牟(シャオムゥ)

 そのとき、渋谷に巨大な“ゆらぎ”が生じ、シオン、M.O.M.O、KOS-MOSのほか、グノーシスまでが大挙して押し寄せてしまう。グノーシスらを掃討しようと戦闘に突入する零児たちだが、“ゆらぎ”によってさまざまな世界がつながり、それぞれの世界の住人や魔物が次々と出現し始める。零児たちは仲間となる多くのキャラクターたちと協力して一連の事件の原因を突き止めるべく、行動を始めるのだが……。

 というのが本作のストーリー。“ゆらぎ”によってつながってしまった、物質界・魔界・魍魎界・幻想界・神界という5つの世界を舞台に、主人公達がナムコ・カプコンのキャラクターたちと協力しながら、戦いを繰り広げていく。

photo 3Dで描かれた「渋谷」
photo 同じく3Dで描かれた「ドルアーガの塔・廃墟跡」

 システムはオーソドックスなシミュレーションRPG。登場キャラクターは、3Dのマップを駒のように移動し、攻撃範囲に敵をとらえるとバトルシーンに突入する。3Dフィールドは約50枚のマップが用意される。

photo バトルシーンのヒトコマ

登場キャラクターはなんと200以上、作品の壁を越えた連係攻撃も

 登場するキャラクターは 主人公の零児&小牟に加えて、現在判明しているだけでも、KOS-MOS(ゼノサーガ エピソードI)、御剣平四郎(ソウルキャリパーII)、スタン・エルロン(テイルズ・オブ・ディスティニー)、ルーティ・カトレット(同)、ワルキューレ(ワルキューレの伝説)、ベラボーマン(超絶倫人ベラボーマン)、ワンダーモモ(ワンダーモモ)、風間仁(鉄拳シリーズ)、デミトリ=マキシモフ(ヴァンパイヤシリーズ)、モリガン=アーンスランド(同)、飛龍(ストライダー飛龍シリーズ)、リュウ(ストリートファイターシリーズ)、春麗(同)、アーサー(魔界村シリーズ)、ブルース・マッギャヴァン(ガンサバイバー4)、レジーナ(ディノクライシスシリーズ)など豪華な顔ぶれ。

photo 「テイルズ・オブ・ディスティニー」より、スタン・エルロンとルーティ・カトレット
photo 「ヴァンパイヤ」シリーズより、モリガンとデミトリ

 戦闘シーンでは、方向キーとボタンを組み合わせて入力すると、キャラに応じた必殺技を繰り出せる。方向キーとボタンを入力する、といってもアクションゲームのように複雑なコマンド入力は必要なく、シンプルな操作で、そう快感あふれるアクションを楽しめる。また、ある条件を満たすことで「超必殺技」を発動することも可能で、発動時にはキャラのイラストがカットインするなど、迫力も満点だ。

photo KOS-MOSの戦闘画面
photo 迫力のカットイン

 ユニットにはペアで行動するものもあるほか、複数ユニットによる連係攻撃も可能。行われたデモではたろすけ(妖怪道中記)・平景清(源平討魔伝)・御剣平四郎(ソウルキャリバー)という出典の異なる3キャラクターが連係攻撃を見せる様子も紹介された。

photo 公開された、たろすけ・平景清・御剣平四郎の連係攻撃シーン

100じゃキラビヤカさが足りないと思った

 同社は今年で創立50年を迎える。このソフトには、その50年を祝う記念碑的な意味合いも込められている。

 「実は、2年ほど前から、ナムコのキャラクターをいかしたシミュレーションRPGを立ち上げたいという話があった。今年は創立50周年を迎えるということもあり、キラビヤカなソフトを作りたいと思っていたので、ちょうどいい機会だと思った」

 「(自社だけで)100ほどのキャラクターをあげることができたが、それではキラビヤカさが足りないと思った。そこで、個性的なキャラクターを多く持っている他社と協力することを考えたとき、その相手はカプコンしか考えられなかった」(同社執行役員 原口洋一氏)

photo 現在のところ、PS2以外のプラットフォームでの展開は計画していないそうだが、「こうした構想をほかで使うことも考えられる」とは原口氏。

 また、カプコンからは開発統括 執行役員の稲船敬二氏も駆けつけた。「数年前だと、こうした(他社とのコラボレーション企画)には大きな壁があり、なかなか考えられないことだった。いまは前向きに、一緒にしていくという雰囲気がある。ゲーム業界にとってもとてもいいこと」とコメントした。

photo 「カプコンに入って18年、色々なキャラが生まれては消えていった。担当者の思い入れがたくさんつまったキャラクターがもう一度登場することはとても嬉しいです。元気がないといわれゲーム業界ですが、メーカーの壁を越えて盛り上げていきたいという気持ちはナムコの人も持っているはず。一緒に盛り上げたいですね」(稲船氏)
NAMCO×CAPCOM(ナムコ クロス カプコン)
対応機種PlayStation 2
メーカーナムコ
ジャンルシミュレーションRPG
発売日2005年5月予定
価格7140円(税込)
画面は開発中のものです。
CHARACTERS & SOUND:(C) CAPCOM (C)いのまたむつみ (C)NAMCO (C)2005 NAMCO LTD.,ALL RIGHT RESERVED


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/22/news162.jpg アメリカ人が日本のマクドナルドを食べてみたら……? “ある商品”が衝撃の結果に 「クレヨンと粘土の味」「肉じゃない」
  2. /nl/articles/2407/22/news083.jpg 「もうこりごりだ〜」 財布に新紙幣を入れたら…… “まさかのビジュアル”に爆笑 「昭和アニメのオチかな?」
  3. /nl/articles/2407/22/news133.jpg 「やめて……」Amazon公式の誠実対応のせいで経済事情を全世界に公開 「悲しい気遣い」「傷口に砂糖」
  4. /nl/articles/2407/22/news027.jpg スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  5. /nl/articles/2407/23/news125.jpg 「ごめん本当キツい」 仲里依紗、“円安のあおり”で米ディズニーランドの入場断念へ……10年前の結婚時から“恐ろしい値段”「約倍になってんの」
  6. /nl/articles/2407/19/news026.jpg 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  7. /nl/articles/2407/20/news002.jpg 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  8. /nl/articles/2407/21/news022.jpg 【今日の計算】「4+6÷2+3」を計算せよ
  9. /nl/articles/2407/19/news095.jpg ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  10. /nl/articles/2407/22/news097.jpg 「花火どころではなかった」 雷雨で中止になった花火大会、雷のすごさが分かる画像に「中止にして良かった」の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  3. 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  6. 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  7. もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  8. アジサイを挿し木から育て、4年後…… 息を飲む圧巻の花付きに「何回見ても素晴らしい」「こんな風に育ててみたい!」
  9. スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  10. 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」