「携帯で萌え」には理由がある〜テクモ

「DOA」で知られるように、美少女ゲームには定評があるテクモ。そのテクモが、本腰を入れて携帯向け美少女ゲームに取り組んだという。その理由は?

» 2005年02月10日 23時51分 公開
[杉浦正武,ITmedia]

 テクモといえば、「DEAD OR ALIVE」シリーズでも知られるとおり、いわゆる美少女ゲームに強いゲームメーカー。そのテクモが、携帯向け美少女ゲームに進出した。2月10日に配信開始された「もえすご。」がそれだ。

 タイトルから分かるとおり「萌え」にフォーカスしたゲーム。開発の狙いを、テクモのブロードバンド&モバイル事業部プログラマー、道野聡仁氏に聞いた。

PHoto (C)TECMO,LTD.2005

携帯向け美少女ゲームは未開拓

 もえすご。は、すごろくでライバルたちとヒロイン「天野しえ」を奪い合うゲーム。サイコロを振って天野しえと同じマスにとまると、彼女を連れて歩くことができる。ライバルに追いつかれると、彼女を持っていかれてしまう……という流れだ。一緒に行動していれば会話が発生し、シナリオが進んでいく。

Photo

 シナリオをすべてクリアすれば、グッドエンディングを迎えられる。もちろん隠し画像なども用意されており、全て画像を揃えるにはある程度の「やりこみ」が必要になる。

 道野氏は開発を手がけた理由を、単純に「元から興味があったから」だと話す。「(アイデアとして)“萌え”が先にあって、それをゲームと融合させた」。内容はすごろくゲームだが、ヒロインとの会話がメインコンテンツになっているという。

PHoto

 同氏はまた、携帯向け美少女ゲーム市場は「開拓されていない」とも話す。携帯が高機能化し、高画質のコンテンツを作れるようになってきた。この状況をうけて、PCの美少女ゲームユーザーを携帯プラットフォームに移行させるべく、各社とも徐々に携帯向け美少女ゲームを出してきている。それでも、ゲームの内容は“薄い”ものが多いと道野氏は話す。

 「もえすご。では作家(ライター)さんにシナリオを書いてもらっているが、2人のライターを使っている。モバイルゲームではこうした体制をとっているゲームはないのでは」

 開発費は明かされなかったが、携帯オリジナルのゲームとしてはかなりの額をかけているという。

「落としきり」にしたための制限

 携帯ゲームの開発では、通信機能を使うかどうかが方針の分かれ目になる。もえすご。では通信は使わず、どこでも手軽にプレイできるようにしている。

 そこで問題になるのがアプリ容量だ。もえすご。はBREWアプリだが、600Kバイトの容量にゲームを詰め込む必要が出てきた。

 「美少女ゲームは、絵が勝負。しかし高画質な絵はファイルサイズがかさむ。最初に想定したものでは無理だということで、苦労した」

PHoto

 萌え系ゲームは、ユーザーの細分化する好みに合わせることが重要だと言われる(2004年9月7日の記事参照)。これは、ヒロイン役として「姉系」「妹系」など多彩なキャラが必要となることを意味する。

 だが、各キャラクター別にシナリオを用意すると、ファイル容量にひっかかってくる。今回、もえすご。では“平均的萌えキャラ”を立てることで、シナリオ分岐を多くした。「天野しえは、最大公約数のキャラ」

 道野氏は、ゲームが認知されればシリーズ化して、別キャラを立てることも考えていると話す。ほかにも、ゲームの「主題歌」となる着うたもサイトで無料配信するなど、随所にこだわりが見られる。

 あまりのこだわりぶりに「友人からは『お前はバカだろう』と言われている」。道野氏はそういって、笑った。

photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/20/news002.jpg 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  2. /nl/articles/2407/19/news095.jpg ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  3. /nl/articles/2407/20/news074.jpg もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  4. /nl/articles/2407/19/news021.jpg 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
  5. /nl/articles/2407/18/news032.jpg ヤマト運輸から届いた“予告状”に7万いいね 逆怪盗キッドという発想に「オモロすぎる」「センス良すぎて笑ったwww」
  6. /nl/articles/2407/14/news001.jpg 「結局、ホテルの布団はキレイにしたほうがいい?」 ホテル従業員の回答を覚えておきたい
  7. /nl/articles/2407/18/news031.jpg プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  8. /nl/articles/2407/17/news033.jpg 「保育園の先生に褒められまくってる」 息子のために義母が作ってくれたズボンが「センスある」「かわいい」と大人気
  9. /nl/articles/2407/19/news133.jpg そういうことか……! 道で見つけた“JPEG画像”みたいなフタ → 意味が分かると笑っちゃう例えに「うまいww」「センス良すぎ」
  10. /nl/articles/2407/18/news161.jpg 「笑ったww」「とんでもねぇ」 AIの指示通りにメイクしてみたら……? 衝撃すぎる仕上がりに爆笑「1周まわって芸術」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」