ニュース
» 2005年02月18日 11時00分 公開

「スペースインベーダーDS」の画像が到着――名作はさらなる変化を遂げたのか (1/2)

27年目を迎えた「スペースインベーダー」。日本のゲームの元祖といっても過言ではない名作は、ニンテンドーDSにおいてどのように生まれ変わったのか。

[ITmedia]

 タイトーが2005年3月31日に発売を予定しているニンテンドーDS「スペースインベーダーDS」のスクリーンショットが到着した。「スペースインベーダー」とは、言わずとしれた往年の名作。78年にアーケードゲームとして登場し、一大旋風を巻き起こしたタイトル。

 記憶に新しいのは、03年の生誕25周年を記念して、プレイステーション2「スペースインベーダー アニバーサリー」が制作されたことや、他社とのコラボレーションによるグッズ制作だろう。

 27年目の今年に発売される「スペースインベーダーDS」には、2つのバージョンが収録されている。まずは、有名な「名古屋撃ち」や「レインボー」も可能な「クラシックVer.」がある。

 昔から慣れ親しんでいる人には、こちらが人気となるのだろうか?とは言え、複雑なルールは存在しないので、プレイしたことがない人でも、すぐに理解できるゲーム性となっているのが特徴だ。

photo 懐かしさに溢れる「クラシックVer.」。昔の記憶を呼び覚まして再度熱くなってみては?

photo まだ腕が鈍っていなければ、名古屋撃ちもここまで完璧に再現できる

 また、「クラシックVer.」に加えて、舞台が地球全土の20か所、さらには飽きがこない斬新な13種類のゲーム性を持つ「ニューエイジVer.」も用意されている。ここからはさまざまな攻撃パターンでインベーダーが来襲する「ニューエイジVer.」のステージ、その一部を紹介しようと思う。

イタリア

photo 消失・出現を繰り返すシャドウ インベーダーが現れる。完全に出現してからでないと攻撃がきかないので、見極めが重要となるだろう

インド

photo 一人乗りの砲台に乗ったインベーダーを迎撃することになる。相手の射撃はかなり正確なので、避けのテクニックとスキをつく能力が要求される

ペルー

photo 見れば分かる通り、かなりの大きさのインベーダーが出現する。攻撃も大きくなっているようなので、トーチカを巧く利用して戦うことになりそうだ

南極

(C)TAITO CORP.1978,2005
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた