「なつゲー感謝祭」がNecca秋葉原店にて開催――高橋名人から意外な事実が語られた

名人20周年を迎える高橋名人を迎えて行われた「なつゲー」のオフラインイベント。あの伝説の映画「GAME KING」の上映やプチキャラバンなど、おおいに盛り上がった本イベントの中身とは?

» 2005年04月03日 07時25分 公開
[遠藤学,ITmedia]

 既報の通り、2005年4月2日、NTTコミュニケーションズが運営するゲームコミュニティサイト「なつゲー」のオフラインイベント「なつゲー感謝祭 featuring 高橋名人!!」が、Necca秋葉原店にて開催された。

photo Necca秋葉原店には多くのイベント参加者が集まり、パソコンのある席に座れない人もいるほどだった

 本イベントにはゲストとして高橋名人が参加。なお、現在の名人は、ハドソンのコンシューマコンテンツ事業本部 宣伝部マネージャーという肩書きで、主にWebサイトを担当しているとのこと。

 イベント開始後は、まず名人のプロフィール紹介が行われた。1986年に発売された「高橋名人の冒険島」100万本突破の歴史が語られた際には、名人のナス嫌い話が登場。これに対して名人は「それほど嫌いなわけじゃない。食べろと言われれば食べられますよ。嫌いなものがなかったんだけど、(強いて)一番嫌いだと言えるのはナスかな、と。(ガラスを引っかいたような)音が苦手なんですよ。」と答えていた。

photo

 その後は、高橋名人と毛利名人が「スターソルジャー」で戦う伝説の映画「GAME KING 高橋名人vs.毛利名人 激突!大決戦」の特別上映が行われた。「私の恥ずかしい一部を見てください」という名人の一言で上映がスタートしたが、前半の16連射でスイカを叩き割る特訓シーンは置いておくとしても、プレイシーンでは「力の高橋」と呼ばれていたその実力を見ることができた。

 ちなみに映画での対決方法は、制限時間を設けての「スターソルジャー」5本勝負。自機が1回やられた時点でリタイアという厳しい勝負ながら、両名人とも一度もやられることのない、熱い勝負が描かれていた。

 なお、この伝説の大一番に関して、名人の口から衝撃の事実が語られている。というのも、勝負のシーンはノンフィクションなのだが、まだ発売前であったため、練習用ROMを渡されたのが収録3日前だったとのこと。つまり両名人とも、わずか3日間だけであれだけのプレイをしていたということだ。

 しかも高橋名人の代名詞とも言える「16連射」にも驚きの事実が隠されていた。「GAME KING」を見たことのある人ならば気づいているかもしれないが、映画での高橋名人は一度だけ17連射を記録している。これに関しては、16連射から17連射にしたほうが良いのではないか、といった声もあったらしい。

 だが、17連射が出たのは本当にこの時だけで、何より16がコンピュータ的(16進数のこと)であったことから、名人自らが16連射のままにしたとのこと。

 ちなみに16連射に関しては、「(16連射に)もってくまでに1週間ぐらい必要。TV撮影などでしばらくプレイしない日が続くと14、15連射になってしまう。その後に16連射に戻そうとしても、感覚が戻ってきた時にはまた撮影が入るから、すぐに下がってしまう。」と、維持することの難しさが語られた。

 「GAME KING」上映後、イベントは「なつゲー」に収録されている「スターソルジャー」を使っての「プチキャラバン」へと移る。こちらは5分間のスコアアタックを2回に分けて行うというもので、それぞれの上位3人に、高橋名人の直筆サイン色紙とネットキャッシュがプレゼントされた。

photo イベントには女性の参加者もおり、名人が幅広い層に支持されていることを改めて知ることができた
photo 色紙にサインをする名人。なお、イベント終了後には個別にサインにも応じていた
photo 直筆サインを手に入れた入賞者。中には兵庫県から来たという人も!

 なお、イベントの最中には2005年が高橋名人となって20周年であることが明らかにされ、ライブや第1回キャラバンの開催場所となった鹿児島から、最後の大阪までトークショーを開くという計画があることが発表された。

 他にも「スターソルジャー」が別のハードでリリースされる予定で、「まだどこにも発表されていないので、あまり喋ってしまうと怒られる。あと2、3か月待ってください」としながらも、プレイステーション2やニンテンドーゲームキューブで発売されたものと違い、オート連射機能が搭載されていることが明らかにされている。

 そしてイベントの最後に高橋名人は、「『なつゲー』というか、昔のゲームだからこそ面白いと思っている。今のゲームも綺麗だけど、綺麗なグラフィックを全部取ってやると昔のゲームが必ず奥に潜んでいたりする。そういう意味では、遊んで楽しいのは昔のゲームだと思う。だからこそ、こういったイベントに参加してくれること自体が嬉しい。」とコメント。

 その場にいた人にとっても最高の言葉であったが、今でもその言動のひとつひとつに憧れと喜びを抱かせてくれる、高橋名人はいつまでも変わらないことを再認識できたイベントだった。

(C)2005 NTT Communications


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/18/news040.jpg 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  2. /nl/articles/2407/18/news016.jpg お姉ちゃんが会いに行くとお顔がとけちゃう柴犬→帰ろうとした瞬間…… 別犬のような見た目の変化に「想像以上で笑ったwww」
  3. /nl/articles/2407/17/news159.jpg 「マジかw」「すごいことなってる」 お笑い芸人が米オーディション番組で日本人初快挙を遂げる
  4. /nl/articles/2407/18/news035.jpg 「SNSの英知」 そうめんの巨大空き箱の“天才的な使い道”があまりにも予想外で話題に 「まねしよう」
  5. /nl/articles/2407/17/news162.jpg 「これ一瞬で店頭から消えるやつ」 “ファン待望のガンプラ”発売決定 「よりにもよって」発売日も話題に
  6. /nl/articles/2407/17/news030.jpg 「すげーな」「鉄壁の防御」 福岡県にあるイオンの“厳重な浸水対策”がガチすぎると780万表示→パワーアップした“現在の姿”にも注目
  7. /nl/articles/2407/17/news026.jpg 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  8. /nl/articles/2407/16/news065.jpg 「誰が、鹿や。」 ニホンカモシカが静かな怒り→ポスターに記された“衝撃の事実”に謝罪続々 「失礼しました」「ごめんなさい」
  9. /nl/articles/2407/17/news027.jpg 観葉植物“モンステラ”、無限に増やす目からウロコの方法が100万再生 「すごい!!」「そんなに簡単に根っこが」
  10. /nl/articles/2407/18/news062.jpg 「日本語ややこしい」 1時間弱と1時間強は何分くらい? → 明解イラストに反響続々 「勘違いしてました!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」