ニュース
» 2005年04月26日 20時58分 公開

ちっちゃいけど大人向け――「ちびたまごっち」の大戦略

「ちびたまごっち」は、学生時代、初代たまごっちにハマったOL層に、新しいたまごっちシリーズを認知してもらうための戦略商品だ。

[岡田有花,ITmedia]

 「初代たまごっち世代の人たちに振り向いて欲しくて」――バンダイが4月28日に発売する「ちびたまごっち」のターゲットは、初代たまごっちのメインユーザーだった20代半ばのOLだ。昨年発売した「かえってきた!たまごっちプラス」シリーズで取りこぼしたOL層をカバー。たまごっち復活をアピールする。開発・販売戦略全体は、「CTO」(チーフたまごっちオフィサー)が統括。大量の在庫を抱えて経営を圧迫した初代の二の舞を演じぬよう、生産・販売ペースを慎重に決めていく。

 初代たまごっちが発売されたのは1996年。当時の女子中高生――今の20代半ば――に人気となり、合計4000万個を販売する大ヒットとなった。たまごっちが“復活”したのは、8年後となる2004年。「机の奥から偶然初代たまごっちを見つけたので、ひさしぶりにやってみたら楽しかった」――そんな話を数人から聞いたのがきっかけだったと、ちびたまごっち開発者のトイホビーカンパニーガールズトイ事業部オリジナルチーム村瀬和絵サブリーダーは振り返る。

 「せっかく復活させるのだから新たな機能を追加しよう」と、たまごっち同士の通信機能を付加。第1弾の「かえってきた!たまごっちプラス」を3月に、携帯電話との連携機能も加えた「祝ケータイかいツー!たまごっちプラス」を11月に発売し、国内累計で250万個を出荷するヒットとなった。しかし「メインユーザーは、小学生とその母親」。初代たまごっちにハマったOL層にアプローチできていないという課題が浮かび上がった。

 調査した結果、OL層は、たまごっちが復活したことすら知らない人が多いと分かった。また、仕事が忙しくて世話する時間がなく、たまごっちがすぐに死んでしまうという声や、ミニゲームは携帯電話の内蔵機能で十分、という意見もあったという。

 OLに振り向いてもらうため、まずサイズを小さくし、携帯電話のストラップとしてアクセサリー感覚で使えるようにした。「携帯電話とたまごっちを別々に持つのは面倒だが、携帯電話の近くに常に置いておけば、自然に持ってもらえる」。“ストラップサイズ”にするため、「おもちゃとしてはかなりアクロバティックに小さくした」。サイズは初代の3分の2の、35(幅)×18(奥行き)×40(高さ)ミリ。デザインは、初代ユーザーに懐かしんでもらえるよう、あえて昔のものと同じにした。

初代たまごっちとのサイズ比較。パッケージデザインも同じにした

 初代たまごっちは、8つのコマンドからお世話の種類を選ぶ必要があったが、ちびたまごっちはボタンを押せば、今やるべきお世話が2択で出てき、どちらかを選ぶだけでお世話完了。ちょっと世話をサボっても簡単には死んでしまわないようにし、手軽に遊べるようにした。

 販売はコンビニと、一部の雑貨店に限定する。たまごっちシリーズの主要販売チャネルだった玩具店ではあえて売らず、OLが足を向けやすい場所に的を絞った。値段も「1500円や1300円では、コンビニで気軽に手にとってもらえない」ため、1050円(税込み)に抑えた。

 「1度プレイすると、面白いと感じてもらえる」――ちびたまごっちを契機に、OL層にたまごっちシリーズの復活を知ってもらい、たまごっちプラスや、今後発売する新作の拡販につなげたい考えだ。ちびたまごっち購入者向けに、抽選でたまごっちプラスをプレゼントするキャンペーンも実施。セブンイレブンでは、ちびたまごっちと一緒にたまごっちプラスの限定バージョンを販売し、新しいたまごっちシリーズをアピールする。

食事や散歩などのお世話してあげると、たまごっちが液晶画面内でさまざまな形に成長する

「CTO」が戦略統括、初代の二の舞防ぐ

 初代たまごっちは、偽物が出るほどの大ブームになったものの、ブーム後期に過剰な在庫を抱え、同社の経営を圧迫した経緯もある。村瀬さんは「過去の反省を生かし、需要予測は正確に行うようにしている」と話す。

 たまごっち復活にあたり、同社は幹部1人を「CTO」(チーフたまごっちオフィサー)に任命。月1回の「たまごっち会議」で各部署の担当者を一同に集め、戦略全体を統括する。「たまごっち会議には、開発、営業担当から知財担当まで集まり、販売状況やユーザーの反応、ライセンス管理の情報などを報告し合う」――開発・生産担当者が、販売状況をリアルタイムで把握できるようになり、過剰在庫をかかえるリスクを低減できたという。

 現在村瀬さんは、次のたまごっちシリーズを企画中。「携帯電話との連携をやってしまった後だから、新たなアイデアを出すのが難しい」としながらも、面白いたまごっちにしたいと意気込む。

「順調に売れたら、オリジナルデザインのちびたまごっちも発売したい」と村瀬さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/22/news039.jpg 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  2. /nl/articles/2402/22/news147.jpg つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  3. /nl/articles/2402/21/news158.jpg 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  4. /nl/articles/2402/22/news030.jpg 夫が妻に「お芋モンブラン」を作ったら放送事故発生 爆笑の結末が940万再生「夫婦そろってギャグセン高すぎ」
  5. /nl/articles/2402/22/news034.jpg 着物警察のハラスメントにプロ着付け師が物申す 「ひどい着方ね」に対するスカッとするアンサーに「よくぞ言ってくださいました」
  6. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  7. /nl/articles/2402/22/news008.jpg 2歳娘、雪遊びででっかいおにぎりを作ってニコニコ→突然の暴挙に「ほんっとに天使すぎる」「豪快w」 ママを笑わせる姿が770万再生
  8. /nl/articles/2402/22/news165.jpg 「BreakingDown」こめお、大会関係者のグラドルとX上で“場外乱闘” 「頭沸いてんのかヤリマンが」「アバズレ」
  9. /nl/articles/2402/22/news035.jpg 歩けないカエルが3年間溜め込んだ“大”の量に爆笑!! 想像絶する規格外サイズに「思っていた10倍」「言葉を失った」
  10. /nl/articles/2402/21/news012.jpg 大好きな兄が2階にいってすねちゃった猫、ママが励ますけれど…… 一歩踏み出せない乙女な姿が「なんでこんなにかわいいの!?」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」