ニュース
» 2005年05月02日 16時18分 公開

天誅“PSP”に見参! 「天誅 忍大全」は7月28日に発売

フロム・ソフトウェアはシリーズ8作目となる「天誅 忍大全」をPSPで発売する。発売日は7月28日。また力丸と彩女に会える。

[ITmedia]

忍殺せよ! PSPならではの天誅見参

 本格忍者アクション「天誅」シリーズ最新作がPSPで発売される。その名も「天誅 忍大全」。“忍殺の緊迫感”“渋い世界観”“魅力あるキャラクター”をPSPという携帯ハードでどう表現されるのかが注目される。

 「天誅」は、1998年シリーズ第1弾となるプレイステーション用ソフト「立体忍者活劇 天誅」が発売され、日本国内で25万本を売り上げ、さらに「Tenchu」として全世界で140万本以上を販売している。その後も、日本国内にて「立体忍者活劇 天誅 忍凱旋」(PS/1999)、「立体忍者活劇 天誅 忍百選」(PS/1999)、「立体忍者活劇 天誅 弐」(PS/2000)、「天誅 参」(PS2/2003)、「天誅 参〜回帰ノ章〜」(Xbox/2004)、「天誅 紅」(PS2/2004)とシリーズ化され、今作で8作目となる。

 「天誅」ではプレイヤーが東忍流の忍者となって、機敏かつ多彩なアクションや様々なアイテムを使用し任務を遂行していく。背後から忍び寄り、強敵をも一撃必殺で仕留める「忍殺」(にんさつ)は天誅シリーズの象徴といえる。様々なシチュエーションでプレイヤーは敵を影から殺めていく。

隠密行動時はなるべく発見されないように、敵の懐深くまで侵入をすることを心がけること
時には屋根の上へ潜み敵をやりすごし……
時にはひとりになった敵を闇へと葬るために、ひそかに待ち伏せしたりと……
状況に合わせてプレイヤーは忍者アクションを駆使しないといけない
そしていざ敵と相対する時は、躊躇せずに敵を滅っせ!
これぞ一撃必殺の「忍殺」。敵の急所を掻っ切ると敵をそのまま、何があったのかわからないままこと切れる……
忍者ならではの道具を使用しないと先へ進めない場合も。状況に合わせて活用していきたい

 本作では、PSPならではの遊び方が用意されている。そのひとつが、USBまたは無線LANを使用して複数人数で楽しめるマルチプレイモード。これは「天誅 参」で搭載された対戦・協力任務を手軽に楽しむことができるもの。

 また、作成したデータを交換することもできる「虎の巻モード」が搭載される。こちらは「立体忍者活劇 天誅 忍凱旋」で搭載されたオリジナル任務作成モード“虎の巻”が復活したもの。メモリースティック デュオを媒介として、本モードで作成したオリジナル任務のデータを友達同士で交換することができる。自分の思うがままに任務を作成することで、通常のシナリオをクリアしたプレイヤーも違った遊び方を模索できる。

あらかじめゲーム中にも使用されている、様々な地形を配置していく
獲得できる忍具も配置。自分が作って自分がクリアするという矛盾との戦い。設定を簡単にするか、それともシビアに厳しくするかはあなた次第
高さも調整可能。トリッキーなステージ作りもこれで製作できる
敵の位置なども設定。自分がクリアすることが難しそうなものでも、友達との交換もできるので、意地悪でとことん難しいものを作ってプレゼントなんて嫌がらせも……もとい友情を深めることもできる

 時は戦国。架空の国「郷田藩」で繰り広げられる忍者活劇「天誅」では、プレイヤーが様々な任務を遂行していくことでゲームが進行していく。「天誅 紅」で行方不明となっていた力丸も再び登場。力丸と彩女は、それぞれ異なる任務を達成していくことになる。

力丸(りきまる)
東忍流の忍者であり、頭目。忍者刀での体術を得意とし、その能力は他の者を圧倒する。郷田藩藩主、松之信に絶対的な忠誠を誓い、忠義は必ず守り通す。忍者としての生き方に揺るぎない自信を持ち、完璧な任務遂行を唯一の信条としている。任務失敗=「負け」であり、残されるのは「死」のみであると考える、主君にとって最高の忍者
彩女(あやめ)
力丸とともに、郷田藩に仕える東忍流の忍者。天賦の才に恵まれ、わずか14歳にして東忍流の皆伝を与えられた才女。小柄な体型ながら、蝶が舞うごとく、二振りの小太刀を扱い、淡々と任務をこなす。任務遂行のためには冷酷非情であり、外面に感情を表すこともない。奔放な性格からくる伝統に捕われない独自の技は、誰からも一目置かれている
天誅 忍大全(てんちゅう しのびたいぜん)
対応機種PSP
メーカーフロム・ソフトウェア
ジャンル忍者アクション
発売日2005年7月28日
価格5040円(税込)
人数1人(アドホックモード対応時2人)
対応メモリースティック Duo(使用容量未定)、アドホックモード対応
(C)2005 FromSoftware, Inc.
※画面は開発中のものです


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/26/news043.jpg 生後1カ月赤ちゃん、ママが3時間抱っこで限界→バウンサーに座らせた瞬間 “激おこ”な表情に「かわいい」「ママ頑張りましたね」
  2. /nl/articles/2402/26/news040.jpg 1歳弟を寝かしつける4歳姉、2人の会話が「可愛すぎて泣ける」 “小さなお母さん”の活躍に「いつまでも仲良しでいてね」
  3. /nl/articles/2402/25/news065.jpg 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
  4. /nl/articles/2402/25/news021.jpg 10人目妊娠中の妻、出張に行く夫から突然「疲れた時は冷凍庫を開けて」とLINEがとどき…… 優しいサプライズが140万再生
  5. /nl/articles/2402/26/news110.jpg 永野芽郁、ドラマ役作りで減量していた ミラノでの1枚に「足ほっそい!」「スタイルよすぎ」の声集まる
  6. /nl/articles/2402/25/news014.jpg 母が帰宅したと思って出迎えた猫、ふと顔をあげたら…… 想定外の事態へのリアクションに「いいねを一万個ぐらいあげたい」
  7. /nl/articles/2402/26/news122.jpg 石田ひかり、2人の娘たちが海外へ旅立ちしんみり 子どもの乗る飛行機を「朝まで追跡しておりました」
  8. /nl/articles/2402/26/news125.jpg 「時差投稿」宣言の北斗晶、ブログ写真をよく見てみると……? 白物家電の英語ボタンで示唆「円安だし」
  9. /nl/articles/2402/26/news049.jpg 着古したセーターがリメークで冬に大活躍の日用雑貨に超変身! 古着の意外な再活用が「とても懐かしい気持ちに」と話題に
  10. /nl/articles/2402/25/news007.jpg 【漫画】「愛犬の老いに直面した話」に「泣きました」「まさに同じ気持ち」と8万いいね 家族の老いと喪失に向き合う話に涙
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」