ニュース
» 2005年05月19日 18時21分 公開

板垣伴信氏も緊急参戦――デッド オア アライブ アルティメット ワールドワイドトーナメントが開催

日本では2005年4月に代表決定戦が行われたが、当初の予定通り、世界7カ国の代表ユーザーを集めての世界大会が開催された。とは言え、都合により参加したのが実は6カ国。この情報を打開すべくひと肌脱いだのはあの方だったりするわけで……。

[ITmedia]

 2005年5月18日(米国時間)、マイクロソフト主催の元、「デッド オア アライブ アルティメット」の世界大会「デッド オア アライブ アルティメット ワールドワイドトーナメント」が開催された。

 こちらには台湾、シンガポール、メキシコ、カナダ、アメリカ、オーストラリア、日本の世界7カ国の代表が8人集められ(日本が2人)、それぞれの国の威信と、何より己のための戦いが繰り広げられた。

photo

photo
photo 日本代表のひとり、柳澤悠一氏
photo もうひとりの日本代表にして、唯一の女性参加者・ZIGZAGRMXさん

 と言いたいところだが、実は本選を開始するに当たって、急遽カナダの代表者が欠場するというアクシデントが発生してしまった。トーナメントということもあり、出来ればシードを作るような事態がないように祈っていたのだが、ここでひと肌脱いだのが、ご存知「デッド オア アライブ」シリーズのプロデューサー・板垣伴信氏。

 半ば強引にクジに入れられていたような気もするのだが、板垣氏は快く大会へと参加。なお、板垣氏は何と1回戦第1試合に登場した。相手はアメリカ代表だったが、元を作った本人であることから、かなりの善戦となることを期待していた。しかし、そこはやはり国を代表してきた選手たち。板垣氏は手も足も出せずに敗退を喫してしまった。

 その後も大会はハイレベルな試合が展開する。日本からは柳澤悠一氏と、ZIGZAGRMXさんの男女各1人づつが代表として選ばれていたが、どちらも順調に1回戦を突破するなど、日本のレベルの高さをしっかりと証明してくれた。

photo 対戦中の様子はこのような感じ

 そして迎えた決勝戦。日本代表・柳澤氏は序盤にペースを握られる試合が続くものの、逆境への強さを見せ付けた逆転勝利により決勝進出を果たしていた。対するは、1回戦で板垣氏を破ったアメリカ代表。弔い合戦とも言える試合だけに、柳澤氏にはぜひ勝ってもらわなければ。

photo アメリカ代表の「HAYABUSA」対日本代表の「HELENA」

 決勝の状況を説明すると、5本勝負にて、アメリカ代表が先に2本を先取するという、幸先の良いスタートを切る。しかし、ここまで逆境を跳ね返してきた柳澤氏。この後、まさに奇跡と呼ぶに相応しい強さを見せ、見事「デッド オア アライブ アルティメット」の世界チャンピオンの称号を獲得したのだ。

photo 2−3という、まさに白熱した決勝を制したのは、我らが日本代表・柳澤氏
photo 決勝を終え、お互いの健闘を称え合う2人
photo 板垣氏も世界チャンピオンを祝福

 早速優勝の喜びの声を聞こうと駆け寄ってみると、「日本のトッププレイヤーたちに激励を受けていたので、勝たなきゃいけないという義務みたいなものがありました。疲れたし、何より緊張から6割くらいの力しか出せませんでした」とのコメント。

 6割の力で優勝? それは一体どういうことなのかと尋ねてみると、「日本のレベルは高いんです」と非常にあっさりと、きっぱりと語ってくれた。

 なお、最後に「デッド オア アライブ」(ゲーム)を巧くなるコツについて尋ねてみたのだが、「自分は動体視力が弱いので、動きを見てからでは遅い。だから事前に仕込んでおくことが大切なんです。天才じゃないですよ、努力して練習すれば、きっと世界一にはなれると思います」とのこと。

 才能は確かに大事ではあるが、それだけでプレイができるわけではないということだろうか。いずれにせよ、本年のE3にてXbox 360での発売が発表された「デッド オア アライブ4」を含め、本シリーズが世界中から受け入れられ、格闘ゲーム界の流れを作ることができる、数少ないタイトルであることが再確認できたと思う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/11/news068.jpg がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  2. /nl/articles/2208/11/news060.jpg 研ナオコ、長女の誕生日に面影感じる“母娘”ショット 「そっくりな娘さん!」「大人になりましたね」
  3. /nl/articles/2208/10/news172.jpg 朝日奈央が結婚、お相手との肩組み2ショット公開 「これから家族として、沢山の景色を一緒に見にいける事がとっても楽しみ」
  4. /nl/articles/2208/11/news063.jpg 高橋真麻、第2子妊娠を生発表 6月に“激痩せ”姿が話題になるも「どうやら体質のようです」「理由が言えなかった」
  5. /nl/articles/2208/11/news010.jpg 水浴び中の野生の水牛を発見、撮影していたら…… 突然振り返った行動に撮影者が大慌て!【豪】
  6. /nl/articles/2208/10/news023.jpg 生まれつき前足のない柴犬、おやつの前に…… “お座り”ができるようになった姿に「命ってスゴい」「ウルウルした」と感動の声
  7. /nl/articles/2208/11/news064.jpg 岩崎宏美、長男の結婚を“新婚ホヤホヤ2ショット”とともに報告 「しっかりね!! ずっと仲良しでね!!」とエールを送る
  8. /nl/articles/2208/10/news174.jpg 坂上忍、余命数カ月の“13男”・平塚コウタに「奇跡」 転移した腫瘍消失で喜びあらわ 「先生もビックリしてて」
  9. /nl/articles/2208/11/news059.jpg 旦那大好きだな! 藤本美貴、夫・庄司智春との“ペアルック夫婦”ショットが超ラブラブ「幸せが伝わってきます」
  10. /nl/articles/2208/11/news016.jpg 2階にいるママを待ちきれない19歳の猫ちゃん、階段の下から…… 「にゃおおお!!」と何度も呼び出す姿に「甘えん坊さん」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい