板垣伴信氏も緊急参戦――デッド オア アライブ アルティメット ワールドワイドトーナメントが開催

日本では2005年4月に代表決定戦が行われたが、当初の予定通り、世界7カ国の代表ユーザーを集めての世界大会が開催された。とは言え、都合により参加したのが実は6カ国。この情報を打開すべくひと肌脱いだのはあの方だったりするわけで……。

» 2005年05月19日 18時21分 公開
[ITmedia]

 2005年5月18日(米国時間)、マイクロソフト主催の元、「デッド オア アライブ アルティメット」の世界大会「デッド オア アライブ アルティメット ワールドワイドトーナメント」が開催された。

 こちらには台湾、シンガポール、メキシコ、カナダ、アメリカ、オーストラリア、日本の世界7カ国の代表が8人集められ(日本が2人)、それぞれの国の威信と、何より己のための戦いが繰り広げられた。

photo

photo
photo 日本代表のひとり、柳澤悠一氏
photo もうひとりの日本代表にして、唯一の女性参加者・ZIGZAGRMXさん

 と言いたいところだが、実は本選を開始するに当たって、急遽カナダの代表者が欠場するというアクシデントが発生してしまった。トーナメントということもあり、出来ればシードを作るような事態がないように祈っていたのだが、ここでひと肌脱いだのが、ご存知「デッド オア アライブ」シリーズのプロデューサー・板垣伴信氏。

 半ば強引にクジに入れられていたような気もするのだが、板垣氏は快く大会へと参加。なお、板垣氏は何と1回戦第1試合に登場した。相手はアメリカ代表だったが、元を作った本人であることから、かなりの善戦となることを期待していた。しかし、そこはやはり国を代表してきた選手たち。板垣氏は手も足も出せずに敗退を喫してしまった。

 その後も大会はハイレベルな試合が展開する。日本からは柳澤悠一氏と、ZIGZAGRMXさんの男女各1人づつが代表として選ばれていたが、どちらも順調に1回戦を突破するなど、日本のレベルの高さをしっかりと証明してくれた。

photo 対戦中の様子はこのような感じ

 そして迎えた決勝戦。日本代表・柳澤氏は序盤にペースを握られる試合が続くものの、逆境への強さを見せ付けた逆転勝利により決勝進出を果たしていた。対するは、1回戦で板垣氏を破ったアメリカ代表。弔い合戦とも言える試合だけに、柳澤氏にはぜひ勝ってもらわなければ。

photo アメリカ代表の「HAYABUSA」対日本代表の「HELENA」

 決勝の状況を説明すると、5本勝負にて、アメリカ代表が先に2本を先取するという、幸先の良いスタートを切る。しかし、ここまで逆境を跳ね返してきた柳澤氏。この後、まさに奇跡と呼ぶに相応しい強さを見せ、見事「デッド オア アライブ アルティメット」の世界チャンピオンの称号を獲得したのだ。

photo 2−3という、まさに白熱した決勝を制したのは、我らが日本代表・柳澤氏
photo 決勝を終え、お互いの健闘を称え合う2人
photo 板垣氏も世界チャンピオンを祝福

 早速優勝の喜びの声を聞こうと駆け寄ってみると、「日本のトッププレイヤーたちに激励を受けていたので、勝たなきゃいけないという義務みたいなものがありました。疲れたし、何より緊張から6割くらいの力しか出せませんでした」とのコメント。

 6割の力で優勝? それは一体どういうことなのかと尋ねてみると、「日本のレベルは高いんです」と非常にあっさりと、きっぱりと語ってくれた。

 なお、最後に「デッド オア アライブ」(ゲーム)を巧くなるコツについて尋ねてみたのだが、「自分は動体視力が弱いので、動きを見てからでは遅い。だから事前に仕込んでおくことが大切なんです。天才じゃないですよ、努力して練習すれば、きっと世界一にはなれると思います」とのこと。

 才能は確かに大事ではあるが、それだけでプレイができるわけではないということだろうか。いずれにせよ、本年のE3にてXbox 360での発売が発表された「デッド オア アライブ4」を含め、本シリーズが世界中から受け入れられ、格闘ゲーム界の流れを作ることができる、数少ないタイトルであることが再確認できたと思う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/24/news076.jpg 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. /nl/articles/2406/24/news018.jpg 定年退職の日、妻に感謝のライン→返ってきた“言葉”が193万表示 「不覚にもウルッとした」「自分も精進します」と反響多数
  3. /nl/articles/2406/23/news022.jpg あずきバーに砲弾を撃ち込む様子が“そんなわけなさ過ぎる結果”で爆笑 ツッコミが不可避の投稿はどのように生まれたのか聞いてみた
  4. /nl/articles/2406/21/news154.jpg 「死ぬほど笑ったw」 “ほろよい”限定デザイン → 人気ゲームの“例のロゴ”に見えると話題に まさかの公式も反応「ほろよい うま」
  5. /nl/articles/2406/23/news014.jpg 「やばすぎ」 ブックオフに10万円で売られていた“衝撃の商品”に仰天 「これもう文化財」「お宝すぎる」
  6. /nl/articles/2406/22/news028.jpg いつも遊びに来る野良猫がケガ→治療するもひどく威嚇され…… 「嫌われた」と思った翌日の光景に「涙が出ました」
  7. /nl/articles/2406/24/news020.jpg 「行政に連絡しやなあかんやろ」街頭で遭遇した“危険生物”が477万表示 “経験者”から「足速いから気を付けて」「近付かないほうが」
  8. /nl/articles/2406/22/news082.jpg “英語”で書かれた商品説明をよく見ると…… 「日本人にしか読めない」遊び心あふれるパッケージに9万いいね
  9. /nl/articles/2406/24/news038.jpg “大好きなチーズを離さないハムスター”に見えて、実は…… 目を疑う正体に「天才」「本物かと思った…」
  10. /nl/articles/2406/24/news041.jpg ご飯中に眠すぎる赤ちゃん、ぐでんぐでんになっていき…… 100万再生の“世界一かわいい寝落ち”に「この時期しか見られない」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」