海外でも注目度抜群、「ワンダと巨像」プレイアブル版レポートSCEブース:

次世代ハードではなくプレステーション2タイトルだが、アクションアドベンチャーの名作「ICO」を手掛けた上田氏、海道氏が現在開発中の「ワンダと巨像」(洋題:SHADOW OF THE COLOSSUS)がSCEブースにてプレイアブル出展されている。

» 2005年05月20日 12時18分 公開
[小林仁,ITmedia]

 「ワンダと巨像」は身の丈数十メートルもある巨像との戦いを描いたアクション性の強いアドベンチャーで、その新しいゲーム性から国内外からの注目は非常に高い。今回の出展でそのゲームシステムがある程度判明したので、まずはその内容からお届けしていこう。

 ゲームの冒頭は、巨大な神殿内で主人公ワンダが目覚めるところから始まる。神殿には“魂を失った少女”が祭壇に横たえられているが、彼女に触れることはできない。プレイヤーはゲームのガイダンスに従い、巨像のいる場所へと向かうことが第一の目的となる。

 ゲームの操作方法は非常にシンプルだ。アナログスティックの左右で移動と視点切替え、LRボタンで武器の切り替え(剣と弓を装備している)を行うほか、各種ボタンは△でジャンプ、□で攻撃、○で剣の振りかざし、×で愛馬アグロの呼び戻し、最後にR1押しっぱなしで(何かを)つかむ、たったこれだけ。このシンプルさは、「ICO」に通じるものがあった。

 神殿の外はひたすら巨大なフィールドが広がっている(スタートボタンで現在地をマップで確認することができる)。剣を振りかざして光が強く反応した方向に進んでいくと倒すべき巨像がいるが、その光の方向に峡谷や崖がある場合は周囲を見渡し、行けそうなルートを探し出さなければならない。場所によっては、愛馬のアグロを残し一人で崖を登らないとたどり着けない場所もあるようだ。

 巨像が潜むエリアに近づくと、巨像との戦闘モードに入る。今回のE3版で戦えるのは、すでに日本でも紹介されている第一の巨像だ。ここでも剣を振りかざして光を当てると巨像の弱点がわかるフィーチャーが用意されていたが、問題なのは弱点部分の頭のてっぺんまで「どうやってたどり着くか」だった。――そして、これが本作における巨像攻略のルート探しの面白味となっている。

 巨像によじ登って弱点へたどり着くには、まず巨像のどの部位をつかみながら進めば振り落とされずに済むか、そして敵の姿勢をどう崩して新たな攻略ルートを築くかといった“手順探し”が重要になる。こうした“試行錯誤しつつ道を切り開く面白さ”は、まさにアクションゲームの攻略そのものだ。巨像のダイナミックな動きもさることながら、斬新なゲーム性でありながら「プレイヤーの検討ぶり」が結果に反映される“わかりやすさ”は、現地でも高い評価を受けていた。現時点での完成度は60%とのことだが、日本でも発表が待たれる期待の一作だ。

神殿の外に出ると美しいフィールドが一面に広がっている。愛馬アグロの乗馬中の操作は、×ボタンでアグロの動きを促すという独特なもの。愛馬の上手く扱うにはプレイヤーの経験も必要なようだ
巨像との戦闘シーンでは、画面左上に巨像の体力、画面の右下にワンダの体力、使用中の武器、攻撃するパワー(タメ押しするほど威力が増加)が表示される。体力は自然に回復していくので、危なくなったら素直に逃げたほうがよい
セリフなどは一切なかったが、プレイ中のコマンド操作やゲームプレイに関する情報はガイダンスとして表示される。フィールド内の移動も謎解きやアクションの要素が入っているため、「ICO」的なゲーム性も色濃く残っている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/24/news076.jpg 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. /nl/articles/2406/24/news018.jpg 定年退職の日、妻に感謝のライン→返ってきた“言葉”が193万表示 「不覚にもウルッとした」「自分も精進します」と反響多数
  3. /nl/articles/2406/23/news022.jpg あずきバーに砲弾を撃ち込む様子が“そんなわけなさ過ぎる結果”で爆笑 ツッコミが不可避の投稿はどのように生まれたのか聞いてみた
  4. /nl/articles/2406/21/news154.jpg 「死ぬほど笑ったw」 “ほろよい”限定デザイン → 人気ゲームの“例のロゴ”に見えると話題に まさかの公式も反応「ほろよい うま」
  5. /nl/articles/2406/23/news014.jpg 「やばすぎ」 ブックオフに10万円で売られていた“衝撃の商品”に仰天 「これもう文化財」「お宝すぎる」
  6. /nl/articles/2406/22/news028.jpg いつも遊びに来る野良猫がケガ→治療するもひどく威嚇され…… 「嫌われた」と思った翌日の光景に「涙が出ました」
  7. /nl/articles/2406/24/news020.jpg 「行政に連絡しやなあかんやろ」街頭で遭遇した“危険生物”が477万表示 “経験者”から「足速いから気を付けて」「近付かないほうが」
  8. /nl/articles/2406/22/news082.jpg “英語”で書かれた商品説明をよく見ると…… 「日本人にしか読めない」遊び心あふれるパッケージに9万いいね
  9. /nl/articles/2406/24/news038.jpg “大好きなチーズを離さないハムスター”に見えて、実は…… 目を疑う正体に「天才」「本物かと思った…」
  10. /nl/articles/2406/24/news041.jpg ご飯中に眠すぎる赤ちゃん、ぐでんぐでんになっていき…… 100万再生の“世界一かわいい寝落ち”に「この時期しか見られない」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」