ニュース
» 2005年05月21日 05時30分 公開

ルーカスアーツブース:ロスで一番熱いのはE3ではなくスターウォーズ

E3の盛り上がりなんて目じゃないほど、アメリカ全土が今一番熱く盛り上がっているのは、やはり「スターウォーズ エピソード3 シスの復讐」が公開されたことだろう。

[ITmedia]

 E3の開幕と時を同じくして北米全土でロードショウ公開が始まり、連日テレビでも「スターウォーズ」一色となっている。もちろんその盛り上がりはゲーム業界にも波及し、ルーカスアーツがゲームを出すに至っている。

 日本でルーカスアーツというとスターウォーズシリーズしか思い浮かばない方も多いと思うが、何気にエレクトロニック・アーツが販売した「マーセナリーズ」を手がけるなど幅は広い。

 今年のE3でもルーカスアーツはクローズドで出展。一部関係者や招待者を対象に、プレイアブルを楽しみつつ、ドリンクやお菓子をつまむというプライベートルームショウを開催していた。

中に入るとインディとスターウォーズの2枚看板がお出迎え。筆者はダースベーダーとヨーダに釘付け

 ルーカスアーツは映画製作が決定している「新インディージョーンズ」のゲーム化と、スターウォーズでPSPへ参入することを報じている。今回のプライベートルームショウでは映像のみでそれを伝えるのみで、やはり主役は「スターウォーズ」の2作品、「Star Wars Galaxies:The Total Experience」と「Star Wars Empire at War」だ。

「Star Wars Empire at War」――現在全米で公開中の「スターウォーズ3 シスの復讐」のあとの話が描かれる。映画でも登場するジェダイの騎士達もユニットとして動かせるとのこと。日本発売は未定だが、北米では2006年発売予定

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた