Insomniac Games新作をはじめ、海外のメジャーPS2タイトルが続々登場SCEブース

SCEAで発表される新作ラインナップ。今年も新タイトルの情報はもちろん、海外メジャーも数多く登場。今回は日本でまだ紹介されていないものをいくつか紹介する。

» 2005年05月21日 12時25分 公開
[小林仁,ITmedia]

 E3で注目したいもののひとつに、SCEAブースで発表される新作ラインナップがある。「ワンダと巨像(SHADOW OF THE COLOSSUS)」や「GENJI」をはじめ日本でも注目されているタイトルの新情報が”初出し”されたのはもちろん、海外でメジャーなタイトル(未発売のものもあれば、半年〜1年後にローカライズされて日本で発売されるものもある)も数多く登場するため、グローバルな意味でゲームコンソール業界の動向を知ることができる。

 というわけでE3最終日となるSCEAブースレポートは、日本でまだ紹介されていない最新Playstation2タイトルをいくつか紹介しておこう。SCEAではファーストパーティ扱いのメーカーとなっているInsomniacやNAUGHTYDOGをはじめ、EAをはじめとした海外メーカーの多くがクオリティの高いアクション作品を数多く出展している。

「RATCHET DEADLOCKER」

 毎年質の高いプラットフォームアクションを発表するInsomniacの新作は、いまや北米では「マリオ」に次ぐ箱庭ゲームの代表作にも成長した「ラチェット&クランク」シリーズの最新作だ。国内では「ラチェット&クランク4th(仮)」として2005年冬のリリースが予定されている。

 今年のE3ブースでは、前作「ラチェット&クランク3(洋題:RACHET & CLANK 3 up your Arsenal)」に収録されていたMULTILAYER(オンライン対戦)モードをさらに発展させたものが出展されている。

 残念ながら日本版の「3」ではこのチーム対戦モード(旗取り戦)が省かれているため、その存在を知る人は少ないが、FPS好きなInsomniacらしい「かゆいところに手が届く」職人気質なゲーム性は今回も健在だ。最大8人によるボイスチャットに対応した全10マップからなるオンライン対戦も楽しめる。

 MULTIPLAYERモード以外にも、新要素として通常のSINGLEプレイ(ストーリーモード)では2体のAIで動くbotを指揮したり、2画面分割による対戦が用意されていたりと中身は相変わらずてんこ盛り。開発状況は現在40%とのことなので、2005年内の発売ということを考えると凝り性な開発チームのInsomniac(不眠症)はまだ続くことだろう。

photo

photo 多彩な武器ガラメカを駆使して、巨大なフィールド内を駆けるラチェットたち。戦車をはじめとした多彩なビークルに乗り込むなど、自由度の高い巨大なフィールドを駆け巡りながら戦うバトルゲームだ。プレイアビリティレの高さはさすがはInsomniacブランドといったところ

「JAK X:COMBAT RACING」

 「JAK2」でオープンワールドな巨大プラットフォームゲーム化が進み、シリアス路線に変貌した「ジャック×ダクスター」シリーズの最新作は最大8人によるオンライン対戦が可能なバギーレース(ボイスチャットも対応)。

 続編の「JAK3」が現在国内発売未定の状態のため本作が日本でリリースされるかどうかは不明だが、武器のドンパチや派手なクラッシュシーンありと”今時のバトル系レースゲームのツボ”をおさえた作りに”四駆バギー”というワイルドなアイデアを加えることでオリジナリティの高い作品となっている。開発状況は50%。

photo

photo E3会場では8人によるオンライン対戦大会の告知も。今回の新作PS2タイトルは前年以上にネットワーク対戦+ボイスチャットという仕様が増えた。PS2でもゲームのオンライン化が確実に進められている

「SLY3:HONOR AMONG THIEVES」

 トゥーンシェードされたキャラクターが活躍するアクションゲーム「怪盗スライクーパー」のシリーズ第3弾。こちらも(続編が日本未発売のため)「JAK」シリーズと同様に日本では馴染みが薄い作品だが、数多く用意されたミニゲームの中に3D対応のゲームが収録されているところが目を引いた。

 3D対応のゲームは昔懐かしい赤/青のセロファンによる3Dメガネをかけながらプレイするのだが……なるほど、確かに立体的に見える。

 E3で出展されたバージョンは「Fly the Biplane(空戦ゲーム)」「Carelita Justice(街全体を使ったTPS対戦ゲーム)」といったミニゲーム(Job)の集合体が遊べるもので、大勢で遊べるキャラクターゲームに仕上がっていた。開発状況は50%。

photo

photo 3Dメガネをかけてプレイする人々。ボート下りや酒飲み競争といったさまざまなミニゲームが用意されていた

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/13/news011.jpg 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  2. /nl/articles/2407/08/news120.jpg 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  3. /nl/articles/2407/10/news171.jpg パパが押入れに作った秘密基地、4年後には…… 次第に2人娘に奪われていく過程に「最高」「コレは欲しい」 秘密基地の現在は?
  4. /nl/articles/2407/12/news027.jpg 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  5. /nl/articles/2407/12/news151.jpg カインズの家電が使用中に発火…… 「ただちに使用中止」呼びかけ、約1万5000台回収 「心よりお詫び」
  6. /nl/articles/2407/12/news021.jpg お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  7. /nl/articles/2407/11/news032.jpg 「考えた人天才やろ」 ある地下鉄のホームドアに書かれた“マジで助かる表示”に「全駅でやるべき」など絶賛の声
  8. /nl/articles/2407/13/news076.jpg 大谷翔平の妻・真美子さん、レアな“動画登場”にネット歓喜 ドジャース夫人会の女子会に反響「溶け込んでる」「素敵な時間」
  9. /nl/articles/2407/12/news116.jpg GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  10. /nl/articles/2407/11/news117.jpg 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「鬼すぎない?」 大正製薬の広告が“性差別”と物議…… 男女の“非対称性”に「昭和かな?」「時代にあってない」
  2. ヤマト運輸のLINEに「ありがとニャン」と返信したら…… “意外な機能”に「知らなかった」と驚き
  3. “性被害”描くも監督発言が物議の映画、公式サイトから“削除された一文”に「なぜ」「あまりにも……」
  4. イヌワシが捕えて飛ぶのはまさかの…… 自然の厳しさと営みに感動する姿が660万件表示「こんな鮮明に見えるのは初めて」
  5. 大好きな新聞屋さんに会えた柴犬、喜びを爆発させるが…… 切なすぎるお別れに「大好きがあふれてる」「帰りたくなくなっちゃいますね」
  6. 「爆笑した」 スイカを切ったら驚きの光景が……! 自信満々に収穫した夫婦を悲しみと失望がおそう
  7. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  9. 「ロンハー」有吉弘行のヤジに指摘の声「酷かった」「凄く悲しい言葉」 42歳タレントが涙浮かべる
  10. 東京の用水路にアマゾン川の生き物が大量発生だと……? “いてはいけないヤツ”の捕獲に衝撃「想像以上にヤバかった」「ホンマに罪深い」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」