人気PS2タイトルの続編ラッシュ、日本での発売はいつ?SCEブース

ヒットタイトルの続編に人気が集まるのは、日本でも海外でも同じ。会場で多くの人が集まっていた3作品を紹介。

» 2005年05月21日 19時55分 公開
[小林仁,ITmedia]

 ヒットしたタイトルの続編に人気が集まるのは、日本でも海外でも同じ傾向のようだ。会場で多くの人が集まっていた作品を中心に紹介してみよう。

「BURNOUT:REVENGE」

 スピード、スリル、クラッシュを楽しむ何でもアリな公道レースの最新作。基本的には前作の「BURNOUT3:TAKEDOWN」の流れを受け継いでおり、危険走行をしながらド派手なTAKEDOWN(車のクラッシュ)を狙っていく……という痛快無比なカーアクションとなっている。

 新作のポイントは、事故ったあとに愛車を自ら爆破させることで被害を拡大させる”CRASH BLAKER”がレースモードでも使えるようになったことだ。また舞台がアメリカ、ローマ、東京となったことで、首都高や都庁らしき見慣れた街並み(?)を舞台に非日常走行が楽しめる。開発状況は70%。

photo
photo クラッシュした自車でライバル車を事故に巻き込む「アフタータッチ」と違い、「クラッシュブレイカー」は強引に相手を強引に爆風へ巻き込む。この強引さがいい

「SOCOM3:U.S.NAVY SEALS」

 前2作ともミリオンセラーを記録した、世界最強の米海軍特殊部隊SEALSの対テロリスト戦を描いた戦術系アクションシューティング「SOCOM U.S. NAVY SEALS」の第3弾。最新作はオンラインで最大32名のプレイヤーが戦闘に参加することができ、次世代ミリタリーゲームではもはや必須の要素となる「大規模戦闘」の醍醐味が味わえる作りとなっている。またPSP版「SOCOM U.S. NAVY SEALS:FIRETEAM BRAVO」との連動も考えられているとのこと。

 会場では特殊部隊vsテロリストによるオンライン対戦台が出展されており、ボイスチャットで連絡を取りながら小隊ごとに行動するさまが圧巻だった(というよりも遊んでいる側も牽制と突撃に分かれて戦略的に行動しており、かなりマニアックな人達がずっと遊んでいました)。開発状況は60%。

photo
photo 「SOCOM 3」では新たにボートなどの水上車両が登場しただけでなく、サイレンサーやスコープをはじめとした20以上の武器アタッチメントが追加され武器カスタマイズの幅が広がっている。武器の組み合わせは1000以上にもわたるという

「24 THE GAME」

 緊迫する24時間の出来事をリアルタイムで描くサスペンスドラマ「24」待望のゲーム版。ゲームシステムはオーソドックスな3人称視点のシューティングアクションで、見た目の派手さはないにも関わらず多くのギャラリーが試遊台に集まっており「24」の人気を思わせる内容だった。開発は「ゴーストハンター」を手掛けたSCEヨーロッパのケンブリッジスタジオで、シーズン2〜3間の謎を解き明かすストーリーラインが用意されている。

photo
photo ジャック・バウアー役のキーファー・サザーランドが声で出演しているほか、マルチで進行していくシナリオ構成はゲームも同じ。収録されているミッションは100以上、発売は2005年秋を予定

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/22/news104.jpg 「これは凶器」 祭りで購入した“とんでもない”フライドポテトが420万回表示 「主治医に怒られるレベル」
  2. /nl/articles/2407/24/news013.jpg 深海魚をさばいたら中から光り輝く“お宝”が……! 驚くべき正体に「何これー!!!」「すごくキレイ」
  3. /nl/articles/2407/23/news020.jpg ダイソーの“変な水槽”に魚を入れたら…… 意外な発見に「綺麗」「買いに行きます!」の声続々、驚きのアイデアが話題
  4. /nl/articles/2407/23/news125.jpg 「ごめん本当キツい」 仲里依紗、“円安のあおり”で米ディズニーランドの入場断念へ……10年前の結婚時から“恐ろしい値段”「約倍になってんの」
  5. /nl/articles/2407/24/news014.jpg 庭で見つけた“変なイモムシ”を8カ月育てたら…… とんでもない生物の誕生に「神秘的」「思った以上に可愛い」
  6. /nl/articles/2407/22/news097.jpg 「花火どころではなかった」 雷雨で中止になった花火大会、雷のすごさが分かる画像に「中止にして良かった」の声
  7. /nl/articles/2407/24/news131.jpg 「やり方がとにかく汚い」プライベート画像流出に『Popteen』専属モデルが言及 「本当につらい」
  8. /nl/articles/2407/22/news083.jpg 「もうこりごりだ〜」 財布に新紙幣を入れたら…… “まさかのビジュアル”に爆笑 「昭和アニメのオチかな?」
  9. /nl/articles/2407/24/news050.jpg 小1の子どもに「オシャレノート」を買い与えたら“まさかの号泣”…… 納得の理由が「そりゃあ仕方ない」と810万回表示
  10. /nl/articles/2407/24/news007.jpg 母「お風呂、超リラックスできるようにしたから」→見に行くと…… 広がっていた“異空間”に「おもろすぎるwww」「クソ笑ったwwしんどい」
先週の総合アクセスTOP10
  1. プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  3. 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  6. 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  7. もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  8. アジサイを挿し木から育て、4年後…… 息を飲む圧巻の花付きに「何回見ても素晴らしい」「こんな風に育ててみたい!」
  9. スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  10. 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」