ニュース
» 2005年05月22日 13時43分 公開

任天堂ブース:やっぱり「こうかはばつぐんだ」――POKéMON XD:Gale of Darkness

[今藤弘一,ITmedia]

 5月17日に行われた任天堂のプレスカンファレンスでも、岩田社長から「新しいポケモンも出す」と紹介された「POKéMON XD:Gale of Darkness」。E3 2005の会期中を通して多くの人が試遊台を訪れており、人気の高さをうかがうことができる。

画像 POKéMON XD:Gale of Darknessのコーナー
画像 開場30分後でこの混雑ぶり。アメリカでの人気も健在だ

 ゲームの詳しい内容は明らかではないが、ゲームキューブで発売された「ポケモンコロシアム」のようなものとは違い、ストーリーモードを持つ完全な新作のようだ。

 デモプレイでは、研究室のようなところに入っていく主人公は、スカウターのようなアイテムを身につけており、それを使って「SHADOW POKéMON」というポケモンを探し、ゲットする、という流れでストーリーが進められていた。

 なお、SHADOW POKéMONは敵方のトレーナーが操っているのだが、SHADOW POKéMONならば、これまでの「ポケットモンスター」シリーズでは怒られるはずの“相手のポケモンゲット”をできるのが特徴? だ。

画像 「SHADOW POKéMON」というのが中にいるらしい
画像 スカウターのようなものでポケモンを見ると、SHADOW POKéMONかどうか分かるようになっている
画像 ダブルバトルも用意されている

 今回のデモ版では、さわりのみがプレイできただけだったので、ゲームの中身がどのような形になるのかは分からないが、ゲームキューブ版と言うこともあり、ポケモンのグラフィックや技は、これまで発売されている「ポケモンコロシアム」などと同様に、かなり作り込まれている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10