劇場映画「鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」公開間近! 脚本家・會川昇氏を直撃取材

劇場版映画「鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」の公開が約1カ月後に迫った。昨年、テレビアニメシリーズが大好評のうちに放映終了したが、劇場版ではその続編が描かれるとあって、大きな話題を呼んでいる。そこで、アニメシリーズと劇場版両方の脚本を務めている會川昇氏に、劇場版の見どころなどをうかがってみた。

» 2005年06月30日 14時58分 公開
[福西輝明,ITmedia]

ふたつの世界に隔てられた兄弟は再会できるのか……!?

 アニメシリーズの最終回で、我々が暮らしている「現実世界」に飛ばされてしまったエド。彼が辿り着いたのは、西暦1923年のミュンヘンだった。錬金術を使えなくなってしまったエドは、元の世界に戻るべくさまざまな方法を模索する。そして、そこで出会ったアルにそっくりな青年アルフォンス・ハイデリヒの協力を得て、科学の粋であるロケット工学の力で故郷へ帰ろうと試みていた。だが、なかなか手がかりはつかめず、焦燥を募らせる。そんなエドの前に、意外な形で道が開かれた。それは理想郷「シャンバラ」を求める者たちの暗躍だった――。

「錬金術世界」へと戻る方法を模索するエド。しかし、その手がかりすらつかめず、苦悩の日々を過ごしている
その一方、錬金術の腕を一から鍛え直したアルも、兄と再会する方法を探して奔走していた

思いは違えど目的はひとつ。エルリック兄弟の思いを描いた脚本家・會川昇氏インタビュー

―― 劇場版の制作はいつ頃から始まったのでしょうか?

會川 テレビアニメシリーズの1クール目が終わった時点で、すでに劇場版を作るという話は出ていました。実際に制作に取りかかったのは、アニメが終わってからすぐです。アニメの最終回から劇場版公開まで約9カ月経つので、皆さんはずいぶん間が開いたように感じるかもしれません。でも作り手である我々にとっては、むしろかなりの急ピッチで作っていたんです。

―― 劇場版ではなぜアニメの続編を描こうと思われたのでしょうか?

會川 当初からテレビシリーズの合間にあった別エピソードを作る、という線はまったく考えていませんでしたね。テレビシリーズのラストは、最終回としてあまりにも完結しているので、エドたちの別のエピソードを作るわけにもいかない。だから、あの話の続編を作るという構想は、ある意味必然だったと思います。

―― 劇場版でのエドとアルはどんな状況に立たされているのでしょう?

會川 エドが「現実世界」に飛ばされてから2年が経過しています。その間も元の世界に戻るため努力はしていたんですが、もうやるべき事はほとんどやり尽くして、どうやっても帰れなさそうだと諦めかけているところから始まります。一方、アルは錬金術をまた修行し直して、「錬金術世界」にいた当時のエドを超えるほどの錬金術師になっているんですね。

 兄がどこかで生きていることを確信しているアルは、再会する方法を彼なりに模索している最中です。そういう意味では、ふたりの感情面でのスタート地点は違いますね。ただ、エドの方にある事件が起こって、元の世界に帰れるかもしれないという可能性が出てくるんです。そして、それをきっかけに物語が大きく動いていくことになるんです。

テレビシリーズを知らない人も楽しめる作品を

―― 本作を手がけるうえで目指したことは何でしょうか?

會川 今回僕が目標としたのは、「テレビシリーズの続き物」ではなく「1本の映画として楽しめる作品」です。そういう意味では、テレビシリーズで人気があったキャラクターがそれぞれ活躍するという作り方ではなく、あくまでもエドとアルふたりの物語という面にこだわりました。別々の世界に引き裂かれた兄弟が再会するために奮闘するというお話であれば、この劇場版で初めて「鋼の錬金術師」に触れるという人でも楽しめると思うんです。

 また、テレビシリーズのファンの方々にも満足していただけるように、ロイなどの人気キャラクターにも見せ場を用意していますよ。一見さんにもファンの方にも満足してもらうという、本来は相反することをやってみたんですが、自分としてはうまくできたんじゃないかなと思います。

ロイやリザ、そしてアームストロングといった人気キャラクターたちの活躍も期待できそうだ。あれから2年後の彼らがどう変わったのか、要注目!

―― ところで、「現実世界」には「錬金術世界」にいた人物とそっくりなキャラクターもいるようですが……?

會川 ふたつの世界はお互いにパラレルワールドになっているんですが、似た人物を登場させることで、それを表現しているんです。だから、ミュンヘンには成長したアルに似た人がいるし、死んだはずのヒューズに似た人もいるんです。また、ミュンヘンがパラレルワールドであることを知りながらも、死んだ人間や成長した弟を目にして、エドが「どうしてもここが現実の世界とは思えない」と思ってしまう心理を説明したかったんですよ。

「現実世界」には「錬金術世界」で顔見知りだった人にそっくりな人の姿が……。その中には、死んだはずのヒューズに似た人物も!!

―― 本作を描く際にもっともこだわったことは?

會川 大切にしようと思ったのは、1923年のミュンヘンとそこに生きている人たちの描写の仕方です。現代の我々の視点ではなく、当時の人々の視点で世界を描きたかった。そのために、家にある当時の映画のDVDなどの資料に目を通して、できるだけ当時生きていた人々の感覚に近い視点で描くということにこだわりましたね。

―― それでは最後に、公開を心待ちにしているファンにメッセージを。

會川 映画というものは、ゲームのように何十時間も楽しめるわけではないし、遊園地のアトラクションのようにインパクトのあるものではありません。なのに、上映時間+出かける準備+移動時間+etc……と考えると、ほとんど半日近くかかってしまいます。ですが、映画はその労力に見合うだけの価値があるエンタテイメントの頂点のひとつだと思います。そして、「鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」もそれにふさわしいものになっていると思います。だから、ぜひ「映画館で観る」という体験をしていただきたいですね。

  • 「劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」
  • 7月23日 全国松竹・東急系で公開
(C)荒川弘・HAGAREN THE MOVIE


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/19/news095.jpg ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  2. /nl/articles/2407/22/news027.jpg スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  3. /nl/articles/2407/22/news048.jpg 宿題にイラつく9歳長男→部屋から出てきたら…… “まさかの気分転換”に「すばらしい」「いずれ大成するでござる」
  4. /nl/articles/2407/20/news002.jpg 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. /nl/articles/2407/19/news171.jpg 「なに目指してんねんw」 ギャップが激しい“JAL職員の理想と現実”が160万再生! 「おもろい」「意外すぎ」と反響続々
  6. /nl/articles/2407/19/news096.jpg ママが寝ている横で……? 赤ちゃんによる早朝の“秘密の遊び”に39万いいね「かわいい」「良い子すぎる」
  7. /nl/articles/2407/21/news008.jpg 大雨の直前、迷子の子猫を急きょ保護→家に連れ帰ったら…… 大胆なギャップに「大笑いしました」「これからが楽しみ」
  8. /nl/articles/2407/18/news017.jpg 知っていると一目置かれる“旅館浴衣のキレイな着方”に「これ知りたかった!」「わかりやすい」 一級着付け技能士が解説
  9. /nl/articles/2407/22/news115.jpg 橋本環奈「立ち直れそうにない」トラブルにいたわりの声続出 「絶望感ハンパない」「ほんとに号泣案件」
  10. /nl/articles/2407/20/news074.jpg もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」