ガンダムにおける「戦争」、「進化」そして「生命」――「GUNDAM―来たるべき未来のために―」開催(2/3 ページ)

» 2005年07月14日 21時56分 公開
[今藤弘一,ITmedia]

 「進化」と題したコーナーでは、絵画や書などの展示のほかに、「ニュータイプ研究所」と題した、来場者が体験可能な展示や、アムロの部屋をイメージした展示など、実際に“感じる”ことができる作品も置かれている。

画像 ニュータイプ研究所といえば「フラナガン機関」でしょう、ということで「サイコ・コミュニケーター・システム」という展示。ここは、ニュータイプについて実際に体験できるコーナーとなっているが、その前には難解なESP試験をクリアする必要がある
画像 実際に電極を頭の後ろに付け、2人一組になって、1人は思念を送る側、もう1人は受け取る側に。受け取る側は目隠しをして、つるされた発泡スチロールの間を歩いていく。ニュータイプならば発泡スチロールに当たらず通過可能か?
画像 田中功起氏の「ピキピキーン(劇場版)」。分かりますね? 何を表しているか
画像 唯一? ガンダムがそのまま登場する、天明屋尚氏の作品「RX-78-2 傾奇者 2005 Version」。ただしタトゥー入り

 そして「生命」。コケをビニールチューブ内に封入した展示や、安村崇氏の地球をイメージした写真「せめて惑星らしく」、そして映像作品「Breathe in the Universe」で締めくくられている。

画像 横山豊蘭氏の「『光る宇宙』ニュータイプ・へんたいかな」。「光る宇宙」でのアムロとララァの会話を書にしたもの
画像 「ああ、アムロ、刻が見える」と書いてある
画像 同じく横山氏による「ジオング筆」
画像 そしてこちらも横山氏による、ハイパーバズーカをかたどった「ガンダム筆」
画像 篠田太郎氏の「Space Camp Site」。実際に生きたコケが入っており、スペースコロニーの実験環境を模したとのこと。上のアームにはLEDが配置されていて点灯可能なのだが、コケが光合成をして酸素を生み出した場合、それに引火して危険かも、といった理由で点灯できないらしい
画像 生命をテーマとした展示の最後も映像作品「Breathe in the Universe」。ララァをイメージとした“影”も登場する
サイコ・コミュニケーター・システム:(c)創通エージェンシー・サンライズ
(c)2005 NewType Technology lab.
ピキピキーン(劇場版):(c)創通エージェンシー・サンライズ
(c)2005 Tanaka Koki
RX-78-2 傾奇者 2005 Version:(c)創通エージェンシー・サンライズ
(c)2005 Tenmyouya Hisashi
「光る宇宙」ニュータイプ・へんたいかな:(c)創通エージェンシー・サンライズ
(c)2005 Houran Yokoyama
Space Camp Site:(c)創通エージェンシー・サンライズ
(c)2005 Shinoda Taro
Breathe in the Universe:(c)創通エージェンシー・サンライズ
(c)2005 Ikunishi Yasunori×Kakegawa Yasunori×kuknacke×shu×m.magic Kobayashi×Nagato Tetsuya
(c)創通エージェンシー・サンライズ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news055.jpg ガチ“別人級”……凄腕メイク術駆使したビフォアフが「日本の頂点」と話題、“フォロワー数580万人”の美容系インフルエンサー
  4. /nl/articles/2405/18/news003.jpg 0歳娘がはじめて歩けた瞬間、パパの顔を見て…… 号泣必至の“表情としぐさ”に「やったねえ!すごいねえ!」「かわいくて涙が」
  5. /nl/articles/2405/15/news106.jpg 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  6. /nl/articles/1611/04/news117.jpg 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  7. /nl/articles/2405/18/news023.jpg 死んだはずのスズメバチ、お尻をよく見てみると…… 「亡者の執念発動してますね」「だから怖いんだよな」油断できない生命力におののく声
  8. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
  9. /nl/articles/2405/17/news026.jpg トリミングでシーズーを「ハムスターにしてください」とお願いしたら…… インパクト大の完成形に「可愛いーーー」「なんて愛おしい鼻毛カール」
  10. /nl/articles/2405/17/news022.jpg 妻が作ったキャラ弁にフランス人夫と3歳娘が大爆笑! 「怖い」と言われた完成形に「蓋開けた瞬間w」「一緒に笑っちゃいました」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評