ニュース
» 2005年07月27日 14時20分 公開

この夏、“最恐”のホラーゲームがやって来る……「零〜刺青の聲〜」発売直前、菊地プロデューサー突撃インタビュー(1/2 ページ)

和風ホラーアクションの新境地を開拓した「零」シリーズの最新作「零〜刺青の声〜」が7月28日にいよいよ発売される。シリーズのプロデューサーを務めるテクモ 商品開発部長の菊地啓介氏に突撃インタビューを決行、本作の持つ「恐怖」の謎が今明らかに!

[寺川修平,ITmedia]

今度の舞台は“夢”

 日本家屋の廃屋を舞台とした和を基調とする世界観、絶対に見たくはない霊をカメラで“写して”戦うという恐怖体験が話題を集めた「零」シリーズ。ファインダー越しに見る霊の恐さに震え上がって、途中から1人ではプレイできない人も少なくないとささやかれるほど、徹底的に恐怖を追求した作品である。

 シリーズ最新作となる「零〜刺青の聲〜」は、ただ廃墟を進むのではなく、夢と現実という2つの世界を行き来するのが大きな特徴。主人公・黒澤怜(くろさわれい)を操り、怜が見る夢の中で「眠りの家」を探索し、そこで知った事柄を現実世界で調べていく。

 夢の中とはいえ、日本家屋の廃墟と舞台としたシリーズならではの世界観は健在。加えて大幅に変化をみせたのが、操作キャラクター。前作までは1人だけを操作していたが、本作では前述の怜をはじめ、天倉螢(あまくらけい)、1作目の主人公である雛咲深紅(ひなさきみく)の3人を操作しながら、物語を進めていく。

photo 今回プレーヤーキャラクターとして登場するのは、深紅(左)、怜(中央)、螢(右)の3人。ゲームの進行によって、操るキャラクターが変化する
photo 突如現れる霊を、素早く射影機で“撮影”して攻撃。「怖いもの見たさ」を思いっきり体感できるのがシリーズの特徴だ
photo 夢の世界で発生した謎を、現実世界で調査。後になって真実がわかるという恐怖も、本作の魅力のひとつ

今回のコンセプトは「インタラクティブな恐怖」

―― まず、シリーズの命題でもある“怖さ”について、菊地さんはどのように考えているのか教えてください。

菊地啓介氏(以下、菊地) 怖さというのは「空間」、「物語」、「演出」の3つの要素から成り立っていると考えています。空間は“そこにいるだけで怖い”という雰囲気や臨場感ですね、1作目の「零〜zero〜」はこの怖さに特に力を入れました。次に、2作目である「零〜紅い蝶〜」で、幻想的な恐怖を命題に物語を作り、“設定の怖さ”を見せられたかなと。演出というのは、驚かせることやカメラワークといったホラーでは必須なもの。これらの3要素に関しては、過去の2作でほぼやりきれたと思ったので、今回では新しいことに挑戦しようと思いました。そこでコンセプトにしたのが、インタラクティブ(相互性)な恐怖です。呪いに掛かった主人公が呪いについて調査し、徐々に判明する事実に恐怖していくといった、能動的な恐さを体感してほしいですね。

photo 「零〜刺青の聲〜」プロデューサー 菊地啓介氏

―― なるほど、過去作とは異なった怖さを体験できるのですね。操作可能なキャラクターが3人に増えたことも、インタラクティブな恐怖と関係しているのですか?

菊地 その通りです。もちろん、遊びの幅を広げるという目的もありますが、3人にすることで怖さのバリエーションを広げようと思いました。映画や小説では味わえない“ゲームだからこそ味わえる恐さ”。たとえば体の小さな深紅であれば、せまい隙間に潜っていく怖さ。霊力の弱い螢は、見つからないように隠れながら進む怖さ。を体感してください。

―― さまざまな角度から「怖さ」を研究していますね。菊地さんが表現したかった「恐怖」は、本作では全て出しきれたのでは?

菊地 「刺青の聲」でわれわれがやりたかったことは詰め込めたかなと思います。ただ、もっともっとアイディアはありますよ。開発期間とマシンパワーがあれば実現できることなのでそれは今後の課題ですね。

―― マシンパワーという点では、今年の年末から順次登場する次世代機でクリアできそうですね。

菊地 確かにハードのスペックが上がれば、自分のやりたいこと、見せたいものをより楽に表現できますね。プレイステーション 2で10できるとしたら、次世代ハードでは20くらいできるようになると感じています。今はそれらを使って、どういうものを作っていくかを模索しているところです。われわれのやりたいことは100くらいですが(笑)

シリーズごとに主人公が変わるのは、過去作を未体験でも楽しめるから

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  3. /nl/articles/2402/23/news009.jpg ツーリング先の人けのない山、段ボール箱を開けると…… 助けを求める子猫たちに「鳴き声聞いて涙が」「許せません」
  4. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  5. /nl/articles/2402/24/news026.jpg イヤイヤ期の妹をピタッと泣き止ませた幼い姉の“神対応” 両親を助けた驚きの手段に「賢くて優しくて」「話し方もすごい」
  6. /nl/articles/2210/01/news063.jpg 滝川クリステル、夫・小泉進次郎議員と長男の2ショット公開 「微笑ましい後ろ姿」「幸せな様子が伝わってくる」と反響集まる
  7. /nl/articles/2304/25/news149.jpg 滝川クリステル&小泉進次郎、“夫婦ペアルック”の家族旅行ショット 「素敵なご夫婦」「小泉家の幸せホッコリ」
  8. /nl/articles/2402/24/news018.jpg ウールの着物が洋裁学校出身・85歳おばあちゃんの超絶技巧で大変身! 240万再生のリメーク結果に「天才!!」
  9. /nl/articles/2311/22/news157.jpg 滝川クリステル、第2子出産を“おててショット”で報告 産前の不安も吐露し「幸福感は想像以上」「愛情をたくさん注ぐ日々が今から楽しみ」
  10. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」